韓国ミュージカル業界の困難さ-アジアブリッジコンテンツをめぐる出来事によせて

2017年秋に再演が予定されていたにもかかわらず、その後なんの告知も出ないことに気をもまれていたかたも多いであろう、韓国オリジナル創作ミュージカル「ゴーン・トゥモロー」。この作品の企画会社でもあり、キム・スロプロジェクトなどを手掛けてきた大学路ミュージカルの雄、アジアブリッジコンテンツが、会社更生法の適用をうけたことが数日前に話題になりました。

例えば以下にあげたイーデイリー2017年8月18日記事、「キム・スロプロジェクト制作「アジアブリッジ」更生承認、俳優未払い賃金どうなる」では、大学路演劇界の恒常的な問題点も指摘されており、自転車操業的な資金回収方法や、賃金後払い制度、労働条件のあいまいさなど、その深刻さがうかがえます。アジアブリッジコンテンツは、急速に事業を拡大したこともあり、昨年(「ゴーン・トゥモロー」なども含めて)からスタッフや俳優さんたちへの賃金未払い問題がささやかれておりましたが、それをだましだましやり過ごした結果の90億ウオンの負債だったようなのです。

www.edaily.co.krとはいえ、この記事の段階では、保有作品の著作権の海外活用やエンターテインメント活用などによって更生を図る計画がなされてもいました。アジアブリッジコンテンツ(略称アプコン)が保有する作品群は大学路でも人気の演目が多く、実際その可能性は低くないと思ったファンもたくさんいたとおもわれます。

しかし、追い打ちをかけるような事件の速報がありました。以下にあげた中央日報2017年8月21日記事「「大学路ミダスの手」チェ・ジン代表息絶えているのを発見」。

news.joins.com21日の18時ごろ、アジアブリッジの代表が、マンションの駐車場でなくなっているのを発見されたとの報道でした。SNSで遺書が送られていたことから、自殺とみられており、各界に衝撃がはしっています。冥福を祈ることしかできないのですが・・・。

韓国のミュージカル業界は、ライセンスの海外輸出や中国公演の実施など一見好調にみえはしても、市場が狭く様々な問題を抱えています。「二都物語」の突然の取りやめや企画会社の倒産をはじめとし、昨年では「ロッキー」の中止、今年に入ってからの「ロミオとジュリエット」の中断など、公演自体が立ち行かない可能性を常に秘めている。こうした出来事ができるだけ起こらないよう。いちミュージカルファンにはなにができるのか、考えずにはいられない出来事でした。

――ザ・ブリッジ(大学路でアジアブリッジコンテンツが経営していたカフェ)でよく見かけた方であっただけに、衝撃です。心からご冥福をお祈りします。