韓国ミュージカル☆ライフ

韓国ミュージカルを楽しみつくすブログ

ミュージカル『メイサの歌(메이사의 노래)』(配信)見てみたよー希望の歌を胸に光り輝く君へ

韓国陸軍が主催・制作する、いわゆる軍ミュージカル『メイサの歌』が2021年10月15日から17日までオンラインで有料配信されました。本公演は10月22日から11月27日まで、ソウルオリンピック公園ウリ金融アートホールにて上演予定でございます。作・演出イ・ジナ、音楽総監督キム・ムンジョン、作曲Woody Parkという韓ミュファンにもうれしい制作陣が、陸・海・空軍と海兵隊所属者対象に行った公開オーディションをへてえらばれたメンバーで送る本作品!韓国へとべない昨今、配信でみるしかない!視聴したメンバーはこちら。

f:id:pokos:20211017172807p:plain

ラマン:パク・チャニョル

ヨン・ジュンソク:キム・ミョンス

ユン・ソノ:ムン・ヨンソク

司令官:Brad Little

ファハド:キム・ジュアン

K-PPOオーディションと戦地の記憶が交錯する

『メイサの歌』はイ・ジナ作品風味がきいた陸軍ミュージカルだな!というのが最初に浮かび、そして最後にのこったのでありました(最後の歌が「赤い夕焼け」だし)。

物語は架空の国である戦地カムルに育った少年ラマンと、国連軍としてカムルを訪れた韓国陸軍の兵士たちの交流パートと、青年になったラマンがK-POPアイドルになるためにオーディション番組に出演するパートという二つの時間、へだたった空間をまじえて進んでいくのですが。これ、イ・ジナ先生のめちゃ得意なやつやん!とおもったわけです。というか、私の好きな演出がたくさん見られるのでは、と抱いた期待にめちゃめちゃ応えてもらえるミュージカルでした。

たとえば、彼女が演出をした『西便制』や『光化門恋歌』などの、過去と現在が交錯する物語を描く作品では、舞台の奥行を十分につかいながら、重層的にシーンを重ねて描いていく演出がとても美しい。いくつものシーンがかすかに透けて見える、レイヤー化されたシーンを通して、現在と過去のつながり、過去がたえまなく現在からよびおこされていくという、人間の記憶のありようが可視化されていくのです。今回の『メイサの歌』も、K-POPオーディションを受けるラマンが、子どもの頃の記憶にある故郷へと意識を飛ばす瞬間、舞台の奥から子どもの頃の自分の姿が駆け出してきて、前後を入れ替えながら場面が転換していくシーン、しょっぱなからこの演出が堪能でき、観客はラマンの心とともにカムルへと旅立ったと思われる。

陸軍ミュージカルという枠組みを問う?

 さて、最近公開された陸軍ミュージカルは『新興武官学校』や『帰還』といった歴史モノであったこともあり、祖国や愛する人のために戦うといったメッセージが強く押し出され、軍隊の意義とむすびつけられていくような部分が少なくありませんでした。もちろんこうしたメッセージをはじけるエンターテイメント性でもって観客を違う世界線に連れて行ってくれたあたり、さすがのイ・フィジュン/パク・ジョンアだったわけですが。ともあれ、どのような物語や音楽をつくるにせよ演出をするにせよ、軍がつくるミュージカルという枠組みがあるなかで、エンターテインメントをいかに位置付けるののか(単なるプロパガンダにならないか)は、アーティストとして考えるべきポイントなのは確かでしょう。『メイサの歌』は、芸術の力がどのような境遇の人にも、どんな状況にあっても必要なのだというメッセージを打ち出すものですが、もちろんその力はだれかが「利用」することもできる。本作品の中では登場人物に、歌や踊りは個々人にとっての希望になったとしても、それが権力者たちに利用される可能性もあるのでは?と問わせるなど、陸軍ミュージカルという枠組み自体を意識させるような瞬間も垣間見られたように思います。こういう部分に、K-エンタメと政治の緊張関係、政治的であることを単に否定するだけで、逆に取り込まれていても無関心でいてしまうような状態とは真逆の、丁々発止の関係性が垣間見える様でもありました。

陸軍ミュージカルはどこへいくのかな

 軍ミュージカルはこれまでも、作るときに「〇〇記念!」みたいなスローガンをかかげてきたわけですが(一応そういう名目がいるんでしょうね・・)。今回は国連加入30周年記念!という位置づけで、だからこそUN軍の話だったのでありましょう。としたら今後は何記念で作られる可能性があるのか、気になるところ。

そもそも軍ミュージカルの歴史はこちらの記事に詳しいのですが、2008年に制作された『マイン(MINE)』で、非武装地帯で地雷に地雷爆発事故にあい、足を失った実在の中佐の物語をもとにした作品でした。その後、韓国ミュージカル協会の協力をえて制作されるようになり、2010年に『生命の航海』、2013年『プロミス』、2018年『新興武官学校』、2020年『帰還』と続き、今回の『メイサの歌』へとつながるのですが。果たして次回、いつぐらいにどんなテーマで(どんな記念?で)制作されることになるのか。なんだかんだいいながら、この瞬間しか成立しえない出演者だからこそ、ついつい見てしまう軍ミュージカル。次回作がいまから楽しみでもあります。

 

 

ミュージカル『メアリー・シェリー』(配信)みてみたよ!―『フランケンシュタイン』に飛躍する瞬間を描く?

ミュージカル『メアリー・シェリー』が2021年8月7日~10月31日まで、KT&G サンサンマダンテチアートホールにて、1幕100分で上演中。これが2021年9月10日、14日~16日にかけてネイバーTVにて有料配信されました。ミュージカル『フランケンシュタイン』の作曲を担当したイ・ソンジュンの音楽、『わたしとナターシャと白い驢馬』のパク・ヘリムの脚本で、『ママ・ドント・クライ』をはじめ『影を売った男』『HOPE』を手掛けたオルピナ演出とあって、期待はむくむく育っておりました、が!ともあれ見た配信キャストはこちら!

f:id:pokos:20210916174924j:plain

メアリー:チェ・ヨヌ

ポリドリ:ソン・ウォングン

パーシー:キ・セジュン

バイロン:アン・チャンヨン

クレア:チョン・ガヒ

ミュージカル『バイロン』状態な前半戦

本作品はメアリー・シェリーが小説『フランケンシュタイン』の着想をえてから、書籍として世に送り出すまでの物語でございます。舞台はバイロンの別荘、メアリーと夫のパーシー、義妹のクレア、のちに『吸血鬼』を書くポリドリとバイロンのウェイウェイした感じの宴会から始まるのですが、メアリーは子どもをなくした悲しみから鬱々状態だし、バイロンは薬中だし、ポリドリとバイロン、パーシーとクレアの関係はなんだかおもわせぶりにえがかれています。特にミュージカルの前半50分くらいは、バイロンがラリラリして歌い上げまくり、ポリドリに流し目する感じでカラんではパワハラし、その間にメアリーとパーシーが駆け落ちに至った理由が挿入されるという、なんか行き詰まり感ただようまま誰に注目したらいいのかよくわかんないよ!てか、こりゃミュージカル『バイロン』か?みたいな時間がながれるのでございます。

おそらくバイロンインパクトに目くらまされ、ほかの人物の言動がほぼ頭に入ってこない感があるのですが、ここで(多分)大事なのは、メアリーとポリドリが自分の中の空虚さや行き場のない欲望を自覚し、それを持て余す、という部分です。これは後半において、彼らが自覚する自分の中の「怪物」と名付けられるもやもやなのですが、メアリーにはパーシーとの関係において、ポリドリにはバイロンとの関係においてそれが芽生える様子が描かれます。各関係性においてそのアイデンティティが不安にさらされること、死と生といった相反する二つの衝動から生まれるものが「怪物」なのだという話につながっていく、物語の主軸なのですが・・。もう、バイロンのウェイが気になっていまいちそっちが記憶にのこらない。後半にめっちゃ重要だったんでは?あのキーワード、みたいな感じで後悔する展開です。バイロンよ・・。落ち着け・・(とおもっている私が落ち着くべき?)。

フランケンシュタイン博士としてのパーシー

さて、前半は不倫男としてクズぶりを発揮し、後半は妻の手柄を自分のものにする剽窃野郎として描かれるトホホなメアリーの夫、パーシー・シェリー。後半でメアリーが自分の中の不穏なものに「怪物」という名を与えたのち、パーシーの自分勝手さや無神経な態度への反発として「怪物」に相対するビクター・フランケンシュタイン博士を生み出していきます。これも一つの見どころになる・・はずなのですが。が。前半のパーシーの描き方が、単なるスレギ状態なので、いまいちビクターに転生できない感がただよってしまいます。韓国ミュージカルファンたちは、韓国ミュージカルの『フランケンシュタイン』におけるビクターを知ってしまっているわけですから、あのビクターにリンクする博士をどうしても求めてしまう、というのもあるでしょう(まあ、あのビクターも、考えてみればたいがいスレギですが)。なんかソン・ウォングンがいい感じで「怪物」ってるのに!もう一押しこないかね!と思わずにはいられません。

どっちのわくわくを書くのか

さて、メアリーの義妹で、バイロンの愛人であったクレアはまあまあ重要な役どころだと思うのですが、いまいちパッとしません。パーシーとメアリーの関係もぎすぎすしている。後半にちらっとクレアとメアリーの信頼関係、メアリーと母の関係が描かれるのですが、あまりにも唐突な感じがてしまいます。バイロンとポリドリの怪しげな香りはかなり描きこんであるのに、女性たちの関係性は結構薄い。とはいえ、バイロンとポリドリの話が後半で深められるかというと、そうでもない。なので、どっちにしてもわくわく感がない・・食い足りない…となってしまうのでした。どっちかの要素を大盛でお願いいたします!

とはいえ、音楽は『フランケンシュタイン』風味の部分があったり、ライトの使い方、影をうまくつかった演出など、めちゃクオリティの高い作品でもありました。つめこみ上等!みたいな前半の展開をもうすこし解きほぐし、後半の内容をメインに展開してくれたらもっと面白いに違いない、という予感もし、再演以降の変化に期待したいと思うのでありました。

てか、そもそも『フランケンシュタイン』や『吸血鬼』の着想はバイロンの別荘でおこなった百物語みたいなところで生まれた、と伝え聞くのですが、あの人たち、みんなで怪談とかしてないの、なんで?

 

 

 

 

『韓国創作ミュージカルガイド』―大学路(へ/から)広がる韓国ミュージカルの世界!

みなさま大変ご無沙汰しておりました。韓国ミュージカル☆ライフ、1年以上ぶりの更新です。satokoさんが制作・出版された『韓国創作ミュージカルガイド』を入手し、どうしても感想を書きなぐってみたくなったがための更新とあいなりました。

 

渡韓がままならぬこのご時世、配信で心を慰めつつも、韓国のミュージカル専門雑誌『ザ・ミュージカル』誌が休刊したりしてさびしい日々。そんな中、韓ミュ大学路沼住人として、秀逸な観劇レポを発表している「Sparks inside of me」のsatokoさんが、初の薄い本を計画しているとのツイートが飛び込んできたのでありました。しかも、韓国の一流芸大で舞台芸術を学んでいるエリさんの協力のもと、ハン・ジョンソク作家のインタビューも収録予定だとか。これは何としてでも入手せねば。期待に胸膨らませて発行をまち、そしてついに『韓国創作ミュージカルガイド』を手にしたのでした。わーい、わーい。

booth.pm

とはいえ、現在(6月19日)紙版は品切れ中で電子版の準備を進めておられる様子。希望者が多ければ紙版の再販可能性もあるようですので、未入手の方はぜひ入荷お知らせメールボタンをおし、再販を待ちましょう!

今こそ予習!大学路進出を迷っている・・そんな人にもおすすめしたい!

この本が紹介しているのは大学路発の創作ミュージカルでございます。近年これらの作品は、日本にライセンス販売され、日本キャストで制作されるケースも増えてきました。ですので、韓国ミュージカルとはつゆ知らず、作品に出合った方もおられるであろう昨今の現状をふまえ、本編が日本上陸済み作品と、未上陸作品に目次が分かれているあたりの構成が絶妙です。日本語ライセンス作品をご覧になった方の中には、日本版は韓国オリジナル版とどう違うのだろうか?オリジナル版はどういう経緯で制作・上演されたのだろうか?という疑問をおもちの方々も多いはず。そんな方もきっと大満足される記事でした。

この本のさらなる魅力は、自分が観劇した作品の舞台や登場人物など背景を知るだけではなく、その作品を足掛かりにして、大学路沼へといざなう「芋づる式おすすめ作品」が紹介されていることでしょう。例えば日本でも「愛煙家」といわれるファンを生み出した、ミュージカル『SMOKE』の紹介ページでは、同時代を舞台にした作品や、歴史を扱う作品へと芋づる式に導かれます。紹介された作品の詳細が、日本未上陸作品紹介ページに掲載されていたりもして、読者は縦横無人に『ガイド』をめくりつつ、大学路に思いをはせることになると思われる。さらには、すでに大劇場の韓国ミュージカルはデビュー済みだけど大学路はどこから浸かればよいのかわからない、と迷っていらっしゃる方々の背後に忍び寄り、沼へ突き落す威力も感じました。

もちろん、単なる作品紹介の羅列ではない構造によって、立体的に大学路の風を感じられる本書は、渡韓できず日々を過ごす韓ミュ沼の人々にとっても、なぐさめを与えてくれるのではと思われます。

ハン・ジョンソク作家のインタビューが読めるのは本誌だけ!

また、本書の大きな魅力として、ハン・ジョンソク作家のインタビューが掲載されている、ということが挙げられるでしょう。ハン・ジョンソク(한정석)作家は、本書でも紹介されている『レッド・ブック』や、2013年に来日公演が行われた、大学路ミュージカルの人気作『女神様が見ている』(【会見レポ】ミュージカル「女神様が見ている」日本初日公演で観客を笑いと感動の渦へ!│wowKorea(ワウコリア))などの台本を手掛けた方。『女神様が見ている』の着想をえた作品の話や、イ・ソンヨン作曲家とのやり取りの中で作品がどんなふうに変化していくのか、さらには『レッド・ブック』という作品の今後の展開、韓国ミュージカル界の制作環境と資金の流れが垣間見える話まで、なんとびっくり充実の内容です。その一文一文から、satokoさんの練りに練られた質問に、ジョンソク先生が真剣にこたえてくださった様子が浮かび上がるようで、読んでいて心躍る記事でした。

「飛ぼう!飛ぼう・・!」想像力の翼で・・

韓国では秋からの生活通常化を目指しつつ、段階的に入国規制が緩和されていく様子です。とはいえ、ミュージカルを見るためにふらりと韓国にいけるようになるのはまだまだ先でしょう。韓国では、夏から冬にかけて、創作もライセンス公演も人気作・大作が目白押しとの情報も聞こえてきたりして、海外にいる人々はうなるよりほかないのですが・・。『SMOKE』の登場人物たちが、絶望の中にあって「翼」をうたい上げたように、私たちは『韓国創作ミュージカルガイド』を胸に想像の翼を広げるしかない。satokoさんの熱意に敬意を示し、感謝するとともに、さっそく第二弾が出ることを期待しつつ、もう一度ページをめくって想像の大学路に飛び立つことにいたしましょう・・。