読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホングァンホに会いたかった人たちに朗報!3月パルレ(빨래)をみよ!

ホン・グァンホ パルレ

なんと!ホングァンホさんが2009年公演以降7年ぶりに「パルレ」にかえってくるそうですよ。多くの人が、彼がどの作品を次回作にえらぶのか、かたずをのんでみまもっていたはず!というか、「デスノート」以降、そもそも何してるのか心配になりつつあったくらいです(余計なお世話)。

 

各種メディアでは、「パルレ」への合流にあたってインタビューに答えながら、ロンドンでの生活を経て、外国暮らしの寂しさや辛さを、ソロンゴ役に生かすと語っていらっしゃいます。そんなに寂しかったのだろうか・・?

http://img.tenasia.hankyung.com/webwp_kr/wp-content/uploads/2016/01/2016012610324567681.jpg

 

ちなみに、「パルレ」は現在もほかのメンバーで上演中ですが、グァンホさんが登場するのは3月10日に開幕を迎える18次プロダクションから。チケットオープン予定は2月5日とのこと。現在インターパークで出ている予約・購入可能なチケット予約は2月末まで分ですね。

http://ticketimage.interpark.com/Play/image/large/15/15005411_p.gif

しかし、「パルレ」を上演している東洋芸術劇場1は、収容人数があまり多くない小劇場。300席もないくらいだったと思うので、チケットはとれるのか??かなり心配です。

 

「パルレ」は韓国オリジナルミュージカルで、「地下鉄一号線」に始まるような、古き良き(?)社会派の韓国演劇の伝統を受け継ぐ名作。

 

ソウルの下町で懸命に生きる、社会的に周辺化された人々の物語。このように書くと娯楽性に乏しそうに感じられるかもしれませんが、一流のエンターテイメントに仕上がっている点も、この作品が長く愛される理由です。

 

詳しい物語は、

ミュージカル「パルレ」を歌って日常韓国語を学ぼう (全16曲収録CD付)

ミュージカル「パルレ」を歌って日常韓国語を学ぼう (全16曲収録CD付)

 

 で予習できますよ。語学教材として制作されたこのテキスト。グァンホ君の歌声をききつつ、パルレの歌詞を学べます。自然とあらすじも理解できちゃうお得さ!

 

パルレ、いまから楽しみです!