2017年韓国カキ氷界のトレンドは「トマトカキ氷!」-甘いトマトの逆襲!

カキ氷の夏がやってまいりました。韓国ではあらゆるカフェでピンス(氷水、かき氷の意)がお目見え中。伝統的なパッピンス(あずき氷)への回帰から一転、この数年は豪華さを誇るピンスがその美を競ってまいりました。今年のピンス戦線はどこへ行くのか。これ以上マンゴー乗せられても困っちゃう・・と思っていた矢先。突如現れた伏兵。それは今年大注目の一品。「トマトカキ氷」なのでございます。

f:id:pokos:20170714205244g:plain

(これはコーヒーチェーン店・パスクッチのトマトピンス)

甘いトマトの国、韓国

かつて韓国を旅した人々は、パン屋のショーケースにならぶケーキをみて驚いたものである。「イチゴかとおもったらプチトマトがのっかってるじゃないか!」。あるいは、野菜が足りないからトマトジュースでも飲むか、とおもってデルモンテトマトジュースをえらんだにもかかわらず、「デルモンテよ!おまえもか!・・・砂糖はいってる」と、甘いトマトジュースを口にうなだれたことがあるはず。そう、韓国は甘いトマトの国だった。トマトはフルーツ。トマトはお菓子の一種。特にプチトマトはいちごみたいじゃない?的な。そういえば、パッピンスにもはいっていたプチトマト。いくらなんでも餡子とは合わないだろうよ、とつぶやいたあの日。

しかし時は移り、「あ、このトマトジュース甘くない」という飲み物が店の棚に並び始めると、いつしかプチトマトのっけのケーキもパッピンスも多数派ではなくなっていった(たまにみかけるけど)。そう、このトマトカキ氷はこうした韓国の伝統的味覚を呼び覚ますものであったのだ。・・と息巻いたら、え、これ日本発祥なの?という驚きの事実が。

 ブームの根っこを提供したのは実は日本のカキ氷

なんでもトマトカキ氷を始めたのは、その名も「東京カキ氷도쿄빙수」というお店。オーナーは、外資系企業につとめ、日本出張のさいに出会ったオイシイモノを韓国にとりいれようとお店をはじめたのだとか。一号店は6号線マンウォン駅付近のマンウォンドン(망원동)に位置し、ちょっと不便。弘大エリアから少し足を延ばしたあたりと申しましょうか。この店を一躍有名にしたのが2016年5月に初登場したという(出所의외의 조합 '토마토 빙수' 인기라는데)、そう、われらがトマトカキ氷なのでございます。練乳とトマトが織りなすハーモニーは、トマトをお菓子としてたべていたかつての韓国的味覚を活性化。おまけのトマトではなくメインをはるトマト。お店は話題の店となり、現在は、最近話題の益善洞(イクソンドン)や建大(コンデ)、さらには地方にも支店が誕生したそうな。

f:id:pokos:20170714211154g:plain

(トゥーサムプレイスのリアルトマトカキ氷。プチトマトてんこ盛り)

そして2017年。ついにコーヒーチェーンが動き出した。A TWOSOME PLACE(トゥーサムプレイス)やPASCUCC(パスクッチ)でも、トマトソースよろしく甘いトマトがミルクピンスにかけられた、トマトカキ氷が続々と登場しはじめたのです。ほかにも、プラザホテルなどではトマトジャムをかけたトマトカキ氷も登場。高級化の流れもはじまっている・・・。たぶん。

庶民のためのトマト味も復活

この甘いトマト味ブームをうけて、でしょうか。ヘテ製菓から2005年に発売されていたトマト味アイスクリーム(バー型、カップ型、チューブ型が存在)もこのたび復活。発売当初は人気を博すが、危ない成分が含まれているなどの都市伝説が広がり突如発売中止。市場から姿を消していたのです。しかしこの空前のトマトブームをうけ、2017年セブンイレブンにお目見えいたしました。またもや観光客は、トマトマをもとめセブンイレブンをはしごすることになりそうですね!

www.youtube.com(かつてのトマトマCM。時代を感じます)