読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金浦空港グルメ-ロッテモールからちょっと足を延ばして「空港カルククス공항칼국수」はいかが?

韓国グルメ

金浦空港発着便を利用されるかたは、最後のごはんを「ロッテモール」で食べられることも多いのではないでしょうか。金浦空港内のレストランは仁川国際空港と比べて90年代の香りを残しているといいましょうかなんといいましょうか。もちろん、空港の中に入ってしまえばますます何もない。しかしホテルからの移動時間などを考えると、微妙にはやく金浦に到着してしまうこともあるわけで。そんな時に、モール内の韓食もいいけど、ちょっと足を延ばして「外」にでてみられるのはいかがでしょうか?

今回ご紹介したいのは、「ペク・ジョンウォンの三大天王」というグルメ番組のカルククス特集でも紹介された「空港カルククス공항칼국수」。K-POPスターをはじめとした有名人が訪れる店としても有名で、お店の壁一面にはサイン色紙がびっしりはりめぐらされておりました。

メインメニューはキノコのカルククス(버섯칼국수)。多くの人がこのメニューを注文します。モツカルククス(내장칼국수)もオイシイですよ!

f:id:pokos:20170123175557g:plain

(キノコカルククス2人前、ぐつぐつ煮込み中)

場所はと申しますと、モールと合体した「ロッテ百貨店」の1階から出て、目の前の大きな道(出てすぐには市内バスの停留所などが見える)を左に進むと道をわたった右斜め向かい側に見えてきます。百貨店から5分ー10分程度の距離。もちろん歩けます。

f:id:pokos:20170123175726g:plain

(1979年にできたらしい。金浦空港とともに歩んだ39年)

最後のシメにはポックンパパプ(焼き飯)を注文しましょう。手打ち麺のカルククスはやや平べったくスープがよくからみます。辛すぎない(と、韓国の人はいいますが、辛いのが苦手な人には十分辛いかもしれない)うまみがぎゅっとつまったスープは、ごくごく飲みたくなるほど。ポックンパプもお家の味といいましょうか。優しい味でほっこりします。

f:id:pokos:20170123180135g:plain

(海苔だけでなく、菜っ葉やニンジンなどもはいってます)

ただ、キムチをはじめ、ニンニクが様々なところできいていますので、帰国後やや周囲に気を遣うことになるやもしれません。また、残念なところがあるとすれば、カルククスは2人前から注文が基本。1人飯で立ち寄るのはちょっとハードルが高めです。友達と一緒の観劇ツアーの際に、ぜひ足をのばしてみてくださいませ。

f:id:pokos:20170123171437g:plain

서울시 강서구 공항동 73-8(電話:02-2664-9748)

9:00-朝3:30(旧正月・秋夕休)