2016年韓国「スリル・ミー」配役決定!

2016年2月19日~6月12日、テミョン文化会館にて「スリル・ミー <쓰릴 미>」が上演されます!

 

今年で9周年目だそうで。イム・ビョングン(임병근)、ジョン・ドンファ(정동화)、カン・ドンホ(강동호)、ジョン・ウクジン(정욱진)のこれまでのメンバーに加えて、カン・ヨンソク(강영석)、イ・サンイ(이상이)が参加するそうです。

http://www.zenithnews.com/news/photo/201601/27248_28302_4220.jpg

 

イム・ビョングン(임병근)は、2013、2014年版につづいて「彼」、ジョン・ドンファ(정동화)は2014、2015年版では「私」だったのが、今回は「彼」に。2008年に「彼」を演じていたカン・ドンホも8年ぶりにキャスティング。除隊後復帰作となるようです。ジョン・ウクジン(정욱진)も2014年に続いて「私」を演じるそうです。

 

この作品は、2人の男性とピアノ演奏のみで進められるミュージカルです。実際に同性愛者の男性2人が起こした事件を基に造られた作品です。韓国で「同性愛」を扱うこと自体、それなりにチャレンジングなのではという気がします。

 

そこで気になったのが、閲覧制限。

調べてみました。

 

韓国では2007年が初演なのですが、インターパークチケットの過去の「観覧制限」年齢をみていると、

2007年 3月~13歳以上、5月~18歳以上、7月~(プサン)18歳以上

2008年 15歳以上

2009年 15歳以上

2010年 15歳以上

2011~12年 15歳以上

2013年 15歳以上

2014年 14歳以上

2015年 15歳以上

となっております。

 

何だこの揺れは!

 

特に、2007年の途中変更は興味深いですね。13歳ではヤバイ!と思われたんですかね。それでいきなり18歳ってどうなんですか。

その後はしばらく15歳以上で安定しておりましたが、2014年になぜ14歳になっているのか。13歳にもう一度もどしたくて試したけれど挫折した、ということなのでしょうか??韓国のレーティングルールの変更ってだけなのかもしれませんが。

 

ちなみに、「レベッカ(上演中)」は満7歳以上、「CHICAGO(上演中)」は満13歳以上となっております。

 

さて、2016年版スリル・ミーは何歳以上観覧可能になるのでしょうか。