映画「スイングキッズ(스윙키즈)」(2018、韓国)見て来たよーミュージカル「ロギズ」とは別腹で!

韓国で2018年12月19日封切られた、EXOのディオ(ドギョンス)主演の映画「スイングキッズ」を見てまいりました。丸坊主のディオが、タップダンスで踊り狂う本作品。圧巻のダンスシーン、胸が熱くなるロギスのダンスへの想い、しかし時代は無残に彼らを悲劇へと導く。ああ無情。タップダンスの躍動感と急転直下のあのラストは・・・!是非みてください。日本でもいずれ公開されると思われる。

f:id:pokos:20190121195952g:plain

1952年、写真家のワーナー・ビショフ(Werner Bischof)は朝鮮戦争下に設置された巨済島捕虜収容所の風景を撮影しておりまして。その中の1枚に、覆面をかぶり自由の女神像の前で踊る捕虜の姿がございます。この写真に霊感をえて創作されたのが、韓国の創作ミュージカル「ロギス」。

www.youtube.com

映画「スイングキッズ」はミュージカル「ロギス」の映画版――と聞いていたのですが。タップダンスを踊る。ロギスは北出身。お兄さん大好きな仲良し兄弟。ダンスを一緒に踊る女の子との恋・・と言う要素はあるにせよ、全然オリジナルだよ!というストーリーになっておりました。

www.youtube.com

ダンス!ダンス!タップダンス!

さて、主人公ロギスは北朝鮮人民軍の捕虜ですが、「人民英雄」でもある兄がいることから、捕虜収容所でも一目置かれる存在。彼はソ連出身のダンスの先生にコサックダンスを学んだことがあり、超高速コサックダンスを踊れたりするダンス好き。彼は米軍の食糧庫に食料をくすねに入った時、たまたま目にした米兵ジャクソン(元ブロードウェイのダンサー)のタップダンスに魅了され――という、諸々「トンデモ」感あふれる本作品。しかしそれは韓国映画絶妙にツボを押さえているといいますかなんといいますか。

収容所のイメージづくりのために企画された催しで、結成されたタップダンスチーム、スイングキッズのメンバーは、女性、中共軍捕虜、芸人、黒人米軍兵と様々な社会的属性を持っています。人民軍出身のロギスを含め、政治的あるいは社会的な「よそ者」の集まりが「タップダンスへの情熱」というその1点において連帯感を持つのです。この、イデオロギーや様々な差異を超える芸能の魅力というテーマは、多国籍編成のグループを作り、彼らの音楽やダンスへの情熱が世界を駆け巡り、多くの人々の心を一つにまとめ上げていくK-POPの力をほのめかすようでもあり、ディオの魅力が爆発するしかない!という作りになっておりました。ディオのダンスとカリスマが発揮されなければ、そのメッセージに説得力はないわけですから。監督からの信頼感半端ないな!

韓国映画が得意とする、歴史的な物語の皮をかぶった「現在」の物語として、「スイングキッズ」は魅力的な映画でしたよ!

創作ミュージカル「ルードゥウィク:ベートーヴェン・ザ・ピアノ」(2018-9年、韓国、初演)見て来たよ(その2)―韓国創作ミュージカルの女性キャラらしく?

ミュージカル「ルードゥウィク:ベートーヴェン・ザ・ピアノ」がJTNアートホール1館にて2018年11月27日~2019年1月27日まで公演中でございます。ベートーヴェンの人生をたどる本作品、ベート―ヴェンが最後に手紙を送った女性が物語において重要な役割を果たします。ベートーヴェンの手紙といえば、宛先となった「不滅の恋人」は誰だったのか?という研究がされていたりもしますが。しかしこの物語でその宛先となった「女性」像を、まさに「イマドキ」な女性に設定している点が面白い。

f:id:pokos:20181230211728p:plain

韓国インターパークサイトより

手紙を受け取る修道女マリー

本作品では、ベートーヴェンが死を前に過去を回想し、それをしたためた手紙を受け取るキャラクターとして、修道女マリーという女性が設定されています。なぜ彼女に手紙を渡したのか?それは、彼女がベートーヴェンの人生の節目節目に現れ、不可能や困難に見えることを乗り越え未来を夢見る力を与える、音楽の豊かさを認識させてくれたからなのですが・・。マリーは物語において、ベートーヴェンに音楽の豊かさを発見させるミューズのような役割を果たします。しかし彼女は、ゆるふわ癒し系とか、ラグジュアリーゴージャス系とか天使とか聖母といった「女性的」魅力を付与されていない。むしろ、その時代において「女性であること」と戦っている存在なのです。

マリーとベートーヴェンの関係

彼女は、はじめから修道女だったわけではありません。また、二人の間には恋愛的な感情は全く存在しないものとして描かれます。むしろ、音楽の力を信じること、その一点でつながる関係なのです。最初の出会いは、ベートーヴェンが死を選ぼうとしたその瞬間。そこで不可能を可能にする力強さと輝きを持つ彼女との出会いが描かれます。彼女は建築家を夢見、女にはそれを学ぶ手立てがなかった時代にもかかわらず、自ら師と決めた建築家を訪ねて弟子にしてもらった、という行動力のある女性でした。次にベート―ヴェンが出会ったマリーは、男装して世界を放浪する旅人でした。彼女は男装することで今まで入れなかった場所に足を踏みいれることができるようになった喜び、世界に受け入れられる喜びを語ります。しかも彼女は建築博覧会で自分の設計図が採用されたことも報告します。しかしそれは、彼の兄の名前で提出されたものでした。女の名前では、受付さえしてもらえなかったのです。マリーは、男性としてこの世で生き残ってやると野望を燃やしていたのでした。しかしやがて、その「男装」はしょせん「偽装」に過ぎないと感じたマリーは、建築の道をあきらめ、修道女となり女性に「数学」を教える仕事を始めたのでした。

現在の女性の声を代弁する

(男だと)嘘をつき続けるのはつらくないか?とわかったような態度で説教するベートーヴェンに対して、「私には戦う覚悟があるのに、男たちにその覚悟がないのよ」と戦うことさえできない現状に怒りをあらわにするマリー。建築家の夢をあきらめた後にも、自分の希望はかなわなかったけれど、いつの日か、後に続く女たちに希望はつながり、それがかなう日がやって来るはず・・とつぶやく場面があったりもして。ものすごく今の韓国における「社会の壁と戦う女性(たち)」のイメージ、その言葉、その連帯感(みんなの想いを背負って戦うゾ!)を色濃く映し出しています。ミュージカル「レッドブック」で描かれたキャラクターに類するような、現状を疑問視し、社会に物申す女性キャラクターが、韓国ではフツーに作られるようになったんだな・・としみじみしたのでありました。

しかし「レッドブック」の主人公アンナには信頼できる仲間と恋人がいてその戦いを共にしてくれるのですが、マリーは孤独なのが悲しい。最後の最後、ベートーヴェンが彼女のために新しい音楽を聞かせてくれますが、はたして、音楽の力は仲間を超えるほどの希望や安らぎをあたえられるのでしょうか・・。

ミュージカル「ストーリ・オブ・マイライフ」(2018-19年、韓国)の新アルヴィン、チョン・ウォニョンさんとは

ミュージカル「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」の新アルヴィン・ケルヴィーとして今回キャスティングされたチョン・ウォニョンさん。ハスキーな声が魅力な俳優さん。サイトでググっても、PRODUCE48のチャン・ウォニョンちゃんしか出てこない!(ことはないけど)という現実をかんがみて(?)、まとめを作ってみました。

 

정원영 Jung Won Young チョン・ウォニョン

2007年デビュー

1985年1月25日生まれ

175センチ、65キロ

別名(愛称) 햇살(ヘッサル:太陽の光の意味)

※2012年のミュージカル「ワンドッキ완득이」の時つけられたもの

 

或る時は突然死んで地獄めぐりをすることになるさえないオッサン、キム・ザホン(ミュージカル「神と一緒」)

www.youtube.com

或る時は京城の弁士で作曲家チェ・ガンホ(ミュージカル「美人」)

www.youtube.com

或る時は京城を闊歩する天才詩人の一部(?)海(ミュージカル「スモーク」)

www.youtube.com

或る時は叔母の死の理由を追う青年、川尻笙(ミュージカル「嫌われ松子の一生」)

www.youtube.com

或る時はジェイソンの恋人、ちょっと怖い高校生ピーター(ミュージカル「ベアー・ザ・ミュージカル」)

www.youtube.com

或る時はミュージカル製作費のために熱演する脚本家ドグ(ミュージカル「グーデンバーグ!」)

www.youtube.com

しかしその正体は!(今は)アルヴィン・ケルビー!

f:id:pokos:20181222180342g:plain