2017年この秋おススメの韓国ミュージカル3選-ソウル旅行ついでに観劇はいかが?

9月の三連休はあいにくの台風となりましたが、まだまだ秋分の日も体育の日もございます。諸々不透明要素はあれど、お休みを利用して韓国・ソウル旅行を計画されている方も少なくないのでは。ソウルにはインスタ映えするカフェがごろごろ・壁画町おこしの路地がもりもりございますので、おしゃれスポットめぐりなど楽しみはつきないところではございますが。

そこに一つ、ミュージカル鑑賞&作品フォトゾーンでの撮影などを加えられてはいかがか。というわけで、この秋おススメの韓国上演中ミュージカル作品を考えてみました!ただし、10月3日から5日は韓国における国民的一大イベント、中秋(チュソク)連休にはいりますのでご注意を。(※一部商業施設や飲食店ではお休みをとる場合があります。また、ミュージカル公演も通常公演のない月曜に公演があり、ほかの曜日にないなどの変則技も)。

おススメその1.ミュージカル「シラノ」

2017年10月8日まで、LGアートセンター(2号線駅三(ヨクサム)駅すぐ)

f:id:pokos:20170918200031g:plain

韓国ミュージカルを見たことがない人にも、韓国語がほとんどわからないという方にさえもお勧めしたいのが本作品(韓国ミュージカルファンにはいわずもがな)。韓国語が全く分からないのに見てもねぇ・・とおっしゃる向きには、本公演のプロデューサーをもつとめられたリュ・ジョンハン俳優のファンクラブで詳細あらすじ解説が公開(?)されておりますので、そちらを参照いただければと。これを読んでいけば(あるいは、あとで読めば)、あのシーンはなぜあんなふうになっていたのかな?という謎も解けると思われます。

ryujunghan.jp

とはいえ、このあらすじがわからなくても、おそらく十分に心揺さぶられる体験はできるはず。シラノには韓国ミュージカルの魅力がこれでもか、と、つまっているのです。まず韓国ミュージカルは歌ってナンボ、その声の肌理がキャラクターの感情となって観客に響いてまいります。本作品は韓国で非常に多く上演され、愛されているフランク・ワイルドホーンが音楽を手掛けているのですが。エモーショナルなその音楽は、韓国の俳優さんたちの声の力を余すところなく引き出します。

さらに、韓国ミュージカル初心者の方には、韓国ミュージカル界の宝、ホン・グァンホさんのシラノでぜひ見ていただきたいところ(シラノはトリプルキャスト)。迫力のあるシーンの感動だけではなく、甘く切ない旋律が柔らかな声とともに胸にしみわたり、みなさまの涙腺をだだもれにすること間違いなし。

おススメその2.ミュージカル「西便制(ソピョンジェ)」

2017年11月5日まで、BBCHシアター(3号線狎鴎亭駅)

せっかく韓国にきたんだから、南山の韓屋村のあたりにあるコリアハウスに行ってパンソリとか見てみたい。と、韓国の伝統芸能に興味のあるあなた。もちろんガッツリと伝統舞踊とパンソリを楽しんでいただくのもよいのですが。歌舞伎をいきなり初心者が解説音声なしで見るのがそれなりに大変なように、いきなりぶっつけパンソリも厳しいものがある。ちなみにわたしは最後まで聞けたことがございません。でもせっかく韓国に・・(以下略)、そんなあなたにおススメしたいのが、ミュージカル「西便制」なのでございます。

f:id:pokos:20170918203018g:plain

このミュージカルは、イム・グォンテク監督の「風の丘を越えて西便制」として日本でも公開された映画が原作。物語が気になる人は、あらかじめ映画で予習していくことも可能です。

pokos.hatenablog.com

とはいえ、そんなにややこしい話ではございません。パンソリの芸の道をきわめるために娘に試練を与える父、そんな封建的な芸の追求、古い音楽にいやけが差し、そこから抜け出して近代的な音楽を求める息子の物語。さらに言うなら、映画よりも芸の道を究める熾烈さパートがやわらぎ、芸が切り結ぶ可能性が強く歌われるようになったこのミュージカル作品。ずいぶんマイルドで見やすいはず。彼らの葛藤の中に韓国の伝統的な旋律と西洋の旋律がまじりあうところが、本作品の聴きどころとなっております。

また、パンソリの唱者がその芸の道を究めるお話でありますので、随所にパンソリや韓国的な旋律がちりばめられている。しかも、パンソリを歌う主人公を務める俳優さんには、国楽を学んだ経験を持つ人もいて、コリアハウスに引けを取らない正当な伝統度数をたたき出しているのです。ピンク感あふれる入口ホールのデザインは、どこをとってもSNS映えする写真スポットになっておりますよ。

おススメその3.ミュージカル「レベッカ

2017年11月12日まで、ブルースクエア・ミュージカルホール(6号線漢江鎮(ハンガンジン)駅)直結。

f:id:pokos:20170918205332g:plain

さてさて、おススメ3。ミュージカル「レベッカ」はいかがでしょうか。日本でミュージカルをたくさん御覧になっているけれど、韓国では見たことないわ、とおっしゃる方に、この演目をおススメしたい。正直、ミュージカル「ベンハー」と迷ったのですが(こちらもとってもおススメです。映画ベンハーで予習可能)。

豪華絢爛な実力派韓国女性ミュージカル俳優さんたちが、軒並みダンバース夫人にキャスティングされている本作品。マキシム役も実力派ぞろい。韓国テレビドラマでもおなじみのソン・チャンウィさん(女を泣かせて、大風水などなどに出演)や、オム・ギジュンさん(被告人、ザ・ウィルス、ファントムなど)が。さらに今年はジャンバルジャン役者、チョン・ソンファさんも合流中。もう誰の回でもはずれなしなおススメ演目です。

韓国ミュージカルはついつい男性俳優さんに注目が集まってしまいがちですが(魅力的な俳優さんがたくさんいらっしゃるので!)、女性俳優さんたちの実力、魅力が半端ないのも事実。しかも、したたかで迫力ある(ちょっとワルな)熟女を演じるのがうまかったりするのです。ミュージカル「レベッカ」は、そんな女性俳優さんたちの力が劇場を支配する、素敵な作品。その迫力に酔いしれましょう!

 

見たい演目はお決まりでしょうか?ーーチケットはどうやって予約するの?と思われた方は、日本語でチケット予約、当日劇場でチケット受け取り可能な予約サイト、インターパークグローバルを利用されてはいかがでしょう?

pokos.hatenablog.com

 予約するほどでも・・と思われた方は、ふらっと当日券狙いも可能(残席があるかどうか、インターパークグローバルである程度めぼしをつけておきましょう)。当日券は開演の1時間前から、劇場チケット引き換えブースで販売されます。それではよい旅・よい観劇を!

ミュージカル「ソピョンジェ(西便制・서편제)」(2017年版)観覧後記(1)-今度は何冠?

韓国創作ミュージカル「西便制(ソピョンジェ・서편제」が2017年8月30日に開幕、11月5日まで、狎鴎亭BBCHシアターにて上演中です。ユン・イルサン作曲・チョ・グァンファ作・イ・ジナ演出、キム・ムンジョン音楽監督という「国内代表ミュージカル創作陣が意気投合して上梓した作品」とのこと(聯合ニュース2017年6月5日「ミュージカル西便制8月開幕、イジャラン、チャジヨンなど出演」より)。実際、2010年の初演以降、再演される度にその年のミュージカル賞を総なめするほどに評価の高い本作品。その2017年度版は、初演メンバーであるイ・ジャラン、チャ・ジヨンに国立昌劇団所属のイ・ソヨンが合流して、もう誰を選んでも後悔はない!というキャスティング。私が見て来たメンバーはこちら。

f:id:pokos:20170908214512g:plain

ソンファ:イ・ジャラン

ドンホ:キム・ジェボム

ユボン:イ・ジョンヨル

予習はどのくらい必要か?

さて、ミュージカル版「西便制」はイ・ジナ演出。時間が空間上で交錯するあのタイプがわんさか用いられておりまする(イ・ジナあるある)。物語は、年老いたドンホが探し求めていたあのひとに会いに行く、というシーンからはじまり、そこに子どものころのドンホとソンファが登場。時代が舞台上でまじりあい、現代と過去のいくつかの地点を行きかいつつお話が始まっていくのです。が、ご安心を。ここでお話が分からなくなるのでは!と一瞬心配される方もいらっしゃるかもしれませんが。ここから起こることはほぼインターパークグローバル、ミュージカル「西便制」ページのあらすじ説明内の出来事にすぎません!

「世の中は犠牲だと言い、彼女は人生だと言った」幼いソンファは異母弟のドンホと一緒に、真のパンソリ唱者になろうとする父ユボンに連れられあちこちを旅する。ソリ(音、歌)の道を歩みながら、互いに心を通わせるソンファとドンホ。だがドンホは父ユボンのソリが母親を死に追いやったと考えて父を憎むようになり、結局は自身のソリを追い求めて彼らのもとを去る。ソンファは父のそばに残ってソリを完成させようとするが、去っていったドンホに会いたくて修行に集中できない。そんな彼女のソリのため、ユボンはソンファの視力を奪う。そして50年後、それぞれのソリ人生を歩んでいたソンファとドンホは再会し…。Interpark |

以下、ややネタバレ注意です。

もしポイントがあるとすれば、ドンホと父の葛藤の原因であり、しかしソンファと父、父とドンホの母をつなぐものは「伝統的なソリの追求」という芸人の業のようなものだという点。ドンホは自分を失わせ破壊してしまうような、しかも時代から取り残され忘れ去られようとしている「伝統的なソリ」を憎んでいます。しかし、最後に気づくのは・・・その伝統的なソリこそが、もっとも自分やソンファを解放し、自分たちの存在を肯定し、お互いを深く認識させる土台だということなのです。この、ソリをめぐる葛藤・後悔・和解をめぐるシーンが、すべてソリクン(歌い手)の声で強調されていく本作品。まさに、歌・声が命なのですが・・。

 

(というわけで、長くなりそうなので、続く!)

韓国ミュージカル業界の困難さ-アジアブリッジコンテンツをめぐる出来事によせて

2017年秋に再演が予定されていたにもかかわらず、その後なんの告知も出ないことに気をもまれていたかたも多いであろう、韓国オリジナル創作ミュージカル「ゴーン・トゥモロー」。この作品の企画会社でもあり、キム・スロプロジェクトなどを手掛けてきた大学路ミュージカルの雄、アジアブリッジコンテンツが、会社更生法の適用をうけたことが数日前に話題になりました。

例えば以下にあげたイーデイリー2017年8月18日記事、「キム・スロプロジェクト制作「アジアブリッジ」更生承認、俳優未払い賃金どうなる」では、大学路演劇界の恒常的な問題点も指摘されており、自転車操業的な資金回収方法や、賃金後払い制度、労働条件のあいまいさなど、その深刻さがうかがえます。アジアブリッジコンテンツは、急速に事業を拡大したこともあり、昨年(「ゴーン・トゥモロー」なども含めて)からスタッフや俳優さんたちへの賃金未払い問題がささやかれておりましたが、それをだましだましやり過ごした結果の90億ウオンの負債だったようなのです。

www.edaily.co.krとはいえ、この記事の段階では、保有作品の著作権の海外活用やエンターテインメント活用などによって更生を図る計画がなされてもいました。アジアブリッジコンテンツ(略称アプコン)が保有する作品群は大学路でも人気の演目が多く、実際その可能性は低くないと思ったファンもたくさんいたとおもわれます。

しかし、追い打ちをかけるような事件の速報がありました。以下にあげた中央日報2017年8月21日記事「「大学路ミダスの手」チェ・ジン代表息絶えているのを発見」。

news.joins.com21日の18時ごろ、アジアブリッジの代表が、マンションの駐車場でなくなっているのを発見されたとの報道でした。SNSで遺書が送られていたことから、自殺とみられており、各界に衝撃がはしっています。冥福を祈ることしかできないのですが・・・。

韓国のミュージカル業界は、ライセンスの海外輸出や中国公演の実施など一見好調にみえはしても、市場が狭く様々な問題を抱えています。「二都物語」の突然の取りやめや企画会社の倒産をはじめとし、昨年では「ロッキー」の中止、今年に入ってからの「ロミオとジュリエット」の中断など、公演自体が立ち行かない可能性を常に秘めている。こうした出来事ができるだけ起こらないよう。いちミュージカルファンにはなにができるのか、考えずにはいられない出来事でした。

――ザ・ブリッジ(大学路でアジアブリッジコンテンツが経営していたカフェ)でよく見かけた方であっただけに、衝撃です。心からご冥福をお祈りします。