韓国ミュージカル☆ライフ

韓国ミュージカルを楽しみつくすブログ

ミュージカル『シデレウス』(2019年、初演、創作)見て来たよ―プラネタリウムで観劇したような

ミュージカル『シデレウス』が2019年4月17日~6月30日まで忠武アートセンター・ブラックにて上演中。ミュージカル『最終陳述』と同じく、ガリレオ・ガリレイが主人公でありながら、まったく趣の違う「理科心」くすぐる物語。半円形に囲む客席の向こうに、円と半円を重ねる星図版のような舞台セットが広がって、ガリレオケプラーが愛した風景を共に体験する至福の100分間!見て来たキャストはこちら。

f:id:pokos:20190616154103g:plain

ガリレオ:コ・ヨンビン

ケプラー:チョン・ウクジン

マリア:キム・ボジョン

 あらすじ(ネタバレ!)

 物語は、ガリレオ・ガリレイの娘であるマリア・チェレステが、父からの伝言にあった「燃やしてほしい手紙」の入った箱を手にし、そこにあった手紙を読み混乱しているシーンから始まります。彼女は教会から、父の異端判定にあたって証言を求められていました。彼女が見つけた手紙は、ケプラーからのものでした。

――時はさかのぼり、ケプラーガリレオの手紙のやり取りが始まった経緯が語られます。ケプラーは自らの記した「宇宙の真理」を読み、その仮説を論拠付け、証明してくれる学者を探していました。あちこちの有名どころに「数学者のケプラーです」と手紙を送るも、なしのつぶて。そんな時、ガリレオだけが「おもしろかった」と気まぐれに返事をくれたのでした。感激したケプラーは、ガリレオに手紙を送りまくります。やたら思い入れ過多のアツイ手紙に困ったガリレオは「いや、最後まで読んでないので・・」とモゴり、ぐいぐい押してくるケプラーに及び腰になるのですが、ケプラーはまったくひるみません。むしろ「最後まで読んで判断してほしい。そして、この仮説を誰もまだ証明できていないのだ」とガリレオを挑発。挑発されると、ガリレオはつい興味を持ってしまうのでした。ケプラーの説は宇宙をくもの巣のようなものとして捉えようとしており独創的です。しかし、彼の惑星の運行に関する理論は「地動説」を前提に計算するしかない理論でした。なぜこのような問いを問うのか、また神を信じるのかとガリレオに問われたケプラーは、もちろん神を信じるとした上で、神はすべてに答える存在ではないといいます。むしろ、神が創造したその真理は、なぞなぞのように自分たちに投げ出されているのだというのです。数学者の彼は、誰に問う必要があるともいわれていないその問いに魅せられていました。火あぶりになるかもしれない「地動説」を推論に組み込みつつ論拠付けなければならないであろうこの共同研究の開始に、ガリレオは迷います。しかし、その理論の面白さに夢中になってしまうのでした。二人は星を観測し、その軌道を計算して、理論を精緻化していきます。やがて目測では限界があることに気づき、遠くを見るめがねを改良したような道具が必要であるとも考えるようになります。ケプラーは、おもちゃで売られている望遠鏡をガリレオに提示し、二人はこれを元に星を観測できる望遠鏡づくりに取り組みます。そんな風に研究に夢中になっていたガリレオの前に、彼の娘がやって来てきました。彼女は洗礼名マリア・チェレステを得たといい、修道女になることを告げます。驚きつつも娘を送り出すガリレオ。彼は望遠鏡が完成したとき、マリアに真っ先に星を見せたいと願うのですが、修道院の規則ではそれはかないませんでした。ガリレオはマリアに、望遠鏡の先に広がる、聖書の中の世界とは異なる「神の真理」を見せ、それを共有したかったのでした。二人の間には、二つの真理が横たわり、その関係をはばんでいるかのようです。

 やがてケプラーガリレオの研究は、仮説に論拠を得、かつ証明を完了させるに至りました。彼らは次に、理論を広く知らしめるために書籍を発行することにします。ケプラーは、タイトルとして「星からの使者」を意味する『Sidereus Nuncius』はどうかと提案しました。ガリレオは、ケプラーには「子供っぽい!」と答えつつも、実はノリノリでそのタイトルを採用します(おちゃめ・・)。しかし、本を出すには資金が必要にです。ケプラーメディチ家に支援をもらうことを提案。木星の衛星にメディチ家の息子たちの名前をつけるとかいいながら、この本の価値を説明すればいい!とシュミレーションしてみますが、結論として「地動説を支持し」・・と、言わざるを得ないとわかると「やっぱりだめだね!」とケプラーはあきらめるのでした。が、ガリレオは諦めていません。何がしかを思いついた様子。そう、ガリレオは理論そのものではなく、望遠鏡を売り込み、木星の衛星にメディチの息子の名前をつけ、その星々を見せることで資金をえることにしたのです。木星の惑星ぴろぴろをかぶって懸命におこなったガリレオのプレゼン(?)を評価したメディチ家の頭首は、二人の研究に援助を惜しまないことを約束してくれました。

 しかし、話題となったこの研究は、ガリレオの研究として一人歩きし始めてしまいます。ガリレオは当初ケプラーとの共同研究であることを主張していました。しかし、この本が「地動説」を支持しているように読めることから批判の的になり始めると、ガリレオはむしろその批判を一人で背負う決心をし、ケプラーの名前を出すことを控えるようになったのでした。ガリレオの学説が物議をかもす中、マリアは、教会から父が異端なのかどうなのか、その証拠はないかと問われます。そして、ケプラーからの手紙を読んだマリアは、父が行っていた研究の内実を知ってしまいました。父の研究はマリアにとって、神を冒涜することに等しいと思われました。ガリレオは、これは神の摂理を証明しようとしたものなのだと、必死にマリアを説得しようとします。ガリレオを取り巻く状況がどんどん悪化する中、ついにケプラーフィレンツェガリレオを訪れ、この研究は自分との共同であるのだから自分も責任を負うと主張します。しかし、ガリレオケプラーを追い返すのでした。ケプラーはほかの数学者たちに呼びかけ、学問的真理の追究と神の冒涜は異なるものだとガリレオを擁護する主張を展開します。

 他方マリアは、自らの信仰と父の主張の間で揺れ動く心を抱え、異端として告発すべきか胸を痛めます。そんな折、父の書斎におかれた望遠鏡に目を留めます。それを手にすることは神を冒涜する行為かもしれない、そう思いつつも、望遠鏡をのぞきこんだのでした。そして――そこからみえる星の美しさを目の当たりにしたマリアは、父が見ようとしていた「なにものか」を理解したのでした。父の研究は神への冒涜ではない。天動説も、あくまで教会がおこなった神の真理の一解釈に過ぎないではないか。マリアは父をかばい教会に陳情します。しかし、ケプラーやマリアまでもが教会から異端扱いされることを恐れたガリレオは、教会の審問に対して、自らの説の間違いを証言することを決意したのでした。

 フィレンツェを去ることになったガリレオは、マリアについてくるかと問います。マリアは今は行かないといいつつも、自分も望遠鏡をのぞいたことを父に告げます。その行為によって、ガリレオはマリアが自分の仕事を理解してくれていたことを知り救われるのでした。マリアはまた、修道女として、ガリレオに神の守りがあらんことをと告げ祈るのでした。そして、ケプラーからの手紙をガリレオにそっと渡します。「天文学者ケプラーです。新しい仮説を思いつきました。惑星は太陽の周りを公転しています!もちろん、地球も」「これを根拠付けるために、ケプラー望遠鏡、より性能のよい望遠鏡も発明しましたよ!」この手紙を読みながら、ガリレオは自分の研究が無駄ではなく、誰かの発見の基盤となっていることを知るのでした。「だれも問う必要がない」と思われている問いに、真理へ近づくことの魅力だけを動機としてとりくんでいる人がいる。一歩一歩は無駄に見えるかもしれないが、それは積み重なっていく。真理へ迫ろうとすることの喜び、それは神にそむくことではないというマリアの言葉、3人の思いが重なって・・幕(だったのではないかと、おおよそ・・)。

真理を探究する心を礼賛する「理科少年」のための物語

ミュージカルタイトルは『シデレウス』なのですが、ガリレオが書き上げた書籍の名前『Sidereus Nuncius(1610)』に由来しています。日本では『星界の報告』のタイトルで発行されているこの書籍には、望遠鏡のつくり方と、望遠鏡による月の観測、星座、木星の惑星等の観察記録が収録されているそうです。

 物語はガリレオが『星界の報告』を書き上げるまでの「誰にも問う必要があるといわれていないような問い」に夢中になってしまう「純粋な探求心」を描く部分と、その成果が社会的波紋を呼び当時の常識の中で葛藤を生じていく部分に分かれています。そして、いかに「すこしづつ」その「常識」の感覚が書き換えられていくのかが解決部分として展開していきます。マリア=旧来の世界観と真理 Vsケプラーガリレオ=新しい真理・「科学」により説明可能な真理、という構図がもちいられるため、単に旧来の世界は古臭く間違っていて、(もろもろ困難はあるにせよ)科学によって乗り越えられたという話なのかな?と思わされますが、マリアとガリレオらが「神の真理」とは当時の権威である「教会」がおしつける解釈の一つではなく人の智が及ばぬ何かである、という共通理解(第三の道)を得ていく過程を示すことで「世界は急にがらっとかわったりしない、少しづつ今の常識を変更しつつ変わるのだ」というリアリティを作り上げていたように思います。そして、社会を少しずつ変化させていくその動力として、世界に散らばる「不思議」に答えたいという純粋な好奇心が描かれるのですが。それを体現するケプラーガリレオのやり取りは、萌え死に必至な「理科好き少年」性にあふれています。目をキラキラさせ、時に資金調達に大胆な芝居を打つしたたかさを見せながら、「知りたい」という好奇心にのめりこんでいく二人。お互いの提示する解釈に盛り上がって時を忘れる二人。これ、反則やろ。

その一方で、科学の追及と真理を見つけたいという純粋な探求心が、神をも恐れぬものを発見してしまう『マリー・キュリー』と比較してみたら、それはそれでおもしろいかも・・ともおもわされました。

ミュージカル『ザ・キャッスル』(2019年、韓国、初演)見て来たよ―犯罪に手を染めるのは自己の選択の結果か、それとも社会構造ゆえか?

ミュージカル『ザ・キャッスル』が2019年4月15日~6月30日までYES24ステージ1館にて上演中。日本でも上演された『インタビュー』や上演中の『SMOKE』の企画会社であるダブルKフィルム&シアターが制作する本作品。急激な都市化によって人口が急増し、混沌状態にあった19世紀末シカゴを舞台に、連続殺人鬼ヘンリー・ハワード・ホームズが自らが犯罪に手を染めた経緯を語りだす・・。『ザ・デビル』と『スウィニートッド』を混ぜて『ミッドナイト』をまぶし、軽く『SMOKE』したような物語。見て来たキャストはこちら!

f:id:pokos:20190616151816g:plain

 ホームズ:チェ・ジェウン

ベンジャミン:チョン・ドンファ

ケリー:キム・スヨン

トニー:カン・ウニル

実在のシリアルキラーの物語かと思いきや?

 インターパークに公開されているあらすじはと申しますと。

 1896年、5月。フィラデルフィアのモヤメンシング刑務所に収容されているヘンリー・ハワード・ホームズに会うため、フランク・ガイアー刑事がやって来る。彼はシカゴ博覧会期間中、ホテル「キャッスル」で起こった殺人事件を捜査していた。ホームズは華やかな都市の裏面に渦巻く闇とその闇の中へ飛び込んできた共犯ベンジャミン・ピツェルに対する物語を始めた。1893年、8月のシカゴ。博覧会の熱気に満ちた都市に、ベンジャミンと恋人ケリーが到着する。彼らは不慣れな都市で全財産が入ったカバンをなくし、イングルド街をさまよっていたところ、出会ったトニーの好意を拒み、ホームズについて彼のホテル「キャッスル」に足を踏み入れたのだが・・

 が、この「あらすじ」に惑わされてはいけません!というか、そもそもこのあらすじは劇の最初の部分しか説明しておらず、かつこの情報からベンジャミン・ピツェルを「共犯」と認識することには危険性が・・ありまして。この部分も「しかけ」ととらえて楽しむのが正解ではないかと思うのでございます。さらに、主人公のように見えるヘンリー・ハワード・ホームズは実在の人物らしく、ウィキペディアさんによると「シリアルキラー(連続殺人鬼)」として記録された最初期の一人らしい。シカゴ万博の際に、彼が所有していた「ワールズ・フェア・ホテル(しかしホテルとしては運営されていなかった模様)」と呼ばれた雑居ビルで、殺人を行い、かつそのビルに放火したことが疑われています。また、ベンジャミン・ピツェルも実在らしく、ホームズの右腕となってはたらき、検事から「ホームズの家畜」と表されたりもしております。劇中トニーが探していた「ジュリア」も実在で、彼女はホームズの愛人だった模様。しかし、これら現実の人物関係もあまり前提にしすぎると、やはりこの作品の結末を異なる方向へと予測してしまう可能性がある。予習をした人ほど、「え?なんでそうくるの?」というもやっと感を感じるのではないでしょうか。もし、この作品の予習となる手がかりをウィキペディアさんの記述に探すとしたら、「ホームズは収監以来自分の顔貌がどれほど劇的に変わったか言及」していた、とある部分かもしれません。特に、彼は「ぞっとするようでサタンを思わせる」顔への変化に言及していますので、ここ、テストに出ますよ!赤でラインひいといてくださいー!と叫んでおくところかと。なにはともあれ、「実在」の方のホームズ氏はかなりのほら吹きであったようで、彼の人生それ自体が「都市伝説化」している部分もあるようです。フィクション化に腕が鳴る!という素材であることにはまちがいありますまい。

books.bunshun.jp(もしかしたら彼の犯罪歴をたどるノンフィクション作品は、もっとミュージカル版とのリンクがあるのかもしれません・・)

犯罪に手を染めるその理由とは

ややトリッキーなつくりになっているミュージカル『ザ・キャッスル』ではございますが、ここに込められたメッセージには、格差広がる韓国社会、ひいては同じような現在を並走している日本社会の問題が含まれているように思いました。というのも、ベンジャミンは婚約者であるケリーと共にシカゴに出てきて、ホームズの「城」に足を踏み入れることでずぶずぶと犯罪に手を染めていくのですが。その前段階として、「城」に足を踏み入れるか否か、さらにいえば「シカゴ」に留まるか否か、という選択が可能でした。「ジュリア」を「城」の中に探し、街中をさまよう絵描きのトニーが、ベンジャミンに別の選択肢があることを呈示します。しかしそれは「貧困にとどまること」でもある。たとえば全財産が入ったカバンをすり替えられてしまったベンジャミンとケリーが、ホームズに「後払いでホテルの部屋を使用していい」と提案された時、「(貧民街ではあるけれど)僕たちのところに来ればいい」とトニーは言います。しかし彼らは、なにがしかの不穏な気配を感じながらも、おなかの子どものことを気づかい「ザ・キャッスル」に足を踏み入れてしまう。はたして彼らに本当の意味での「選択肢」はあったのか?また、ベンジャミンは仕事を求めるも、鞄を盗まれてしまったがゆえに身分証がなく、まともな職を得ることができません。「シカゴを出ればいい」という選択肢も存在するにせよ、彼らに本当の意味での「帰る場所」はありません。このように、一見選択肢があるように見えて、構造的にある選択へと方向づけられている現実。ベンジャミンには本当に「城」の主となる以外の道があったのか?そんな風に考えさせる、ミュージカル「ザ・キャッスル」は、基本超絶娯楽で面白ポイント(ワイン・ロシアンルーレットとか)、俳優さんたちの魅力ポイントたっぷりでありつつ、社会派な側面ももっている「どっこい韓国ミュージカル」な作品なのではないか、と思わされましたよ!

ミュージカル『 黎明の瞳』(2019、韓国、初演)見て来たよ報告-韓国近現代史の苦悩を網羅的に背負う主人公の物語

 韓国の創作ミュージカル『黎明の瞳(여명의 눈동자)』が2019年3月1日~4月14日まで、Dキューブアートセンターにて上演されました。1990年代初めにMBCが制作した同名のドラマ(全36話)をミュージカル化した本作品*1。日本植民地期から朝鮮戦争までの韓国近現代史をガッツリ盛り込んだ激動にもほどがある長編ドラマを、いかに150分(インターミッション15分コミ!)に変換するのか。制作にあたってもそれなりの激動があった模様で、予定より少し遅れての開幕、すは、Dキューブの呪い*2か、と思った観客も少なくなかったのではないでしょうか。が、演出変更や費用の切りつめなどを経て(いいのか)、無事の上演となりました。いまさらですが、見て来たキャストはこちら!

f:id:pokos:20190419202340g:plain

 ユン・ヨオク:キム・ジヒョン

チェ・デチ:パク・ミンソン(旧パク・ソンファンさん)

チャン・ハリム:イ・ギョンス

あらすじ(ネタバレ)

 物語は、智異山でヨオクが銃に倒れ、テチがそれをかきいだいて慟哭するところから始まる(しょっぱなから、ミンソンさんのテンション超高い、高すぎる!)。ヨオクはなぜ、この地で命を落とすことになったのでしょうか。
 1950年、スパイ活動を糾弾され民族反逆罪(?)に問われるヨオクの裁判シーン。かつて慰安婦として金を受け取り働いていた過去が暴露され、非難をうけます。彼女はなぜ慰安所にいたのか?ーー時はさかのぼって1944年、ヨオクは突然慰安所に連れ去られ、慰安婦として働かされていました。そしてそこで日本軍の朝鮮人兵士であったデチと出会い、絶望の中での唯一の希望をお互いに見出し、二人は恋に落ちます。やがて、隊が慰安婦たちを捨て戦線を移動することを知ったデチは、おなじ朝鮮人兵士ドンジンとその恋人と共に脱走を試みるのでした。しかし脱出に成功したのはドンジンとデチのみで、ドンジンの恋人は銃に撃たれ、ヨオクはその場にのこされます。そしてヨオクは、再び慰安所へと送られるのですが、ヨオクには守るものがありました。そう、デチとの子を妊娠していたのです。そんな彼女と次の戦場で出会ったのはハリムでした。ハリムは衛生兵で、慰安所での医療を担当していました。子どもを生みたいと懇願するヨオクにハリムは、この地獄のような日常で子どもなど!と反対します。しかしやがてヨオクの強い気持ちにまけ、彼女が性病にかかったことにして、客を採らないですむように協力するのでした。
 他方、ヨオクの父は上海臨時政府で独立運動に身をささげていました。父ユン・ホンチョルの下には、アメリカ側に就くことを画策するもの達、社会主義者など、さまざまな立場の人々が集まり、彼を象徴的存在として見方にひきいれることを企んでいました。ホンチョル自身は、主義主張など海のさざなみのようなものであり、民族という共同体こそが海なのである、という思想をもっていました。その後、戦場で捕虜になり(たぶん)アメリカの協力をしていたヨオクとハリムは、父をアメリカ側につかせようとする団体と連絡をとり、それを支援していた。他方共産主義者たちに救われたテチは、ホンチョルにヨオクが生きていること、慰安所で彼女と出会ったことを話し、婿として認められるのでした。しかしデチはホンチョル殺害の機会をうかがっていたのです。その任務を成功させたその時、ヨオクは父との再会を果たしたのでした(もうこのあたりでおなか一杯ですが、まだまだ前半戦)。
 1945年、開放の喜びもつかのま、朝鮮半島では米ソによる信託統治がはじまります。北をはなれ南労党の幹部となってヨオクを探しに来るテチ。しかしヨオクは息子とともに、ハリムの愛を受け入れようとしていました。しかし葛藤の末、結局ヨオクはデチを選ぶのでした(ほんと、やめとけばいいのに)。

 その後、三人は平和な生活を求め、ドンジンの故郷である済州島へと渡ります(フラグ立ってますよ!)。村人たちに受け入れられる三人。幸せなひと時。しかし家族のための時間はそう長くありませんでした。1947年、済州島では共産主義化を防ぐという目的で粛清が始まります。そう、四・三事件です。次第に兄弟が仲間が敵となり、血みどろの戦いが繰り広げられるようになるチェジュ。そんな中、デチは社会主義による平等と自由の実現を目指し蜂起します。しかしそれは、ますます人々の対立を深めるだけでした。やがて、共産主義者たちの命を確保することを条件に、アメリカ軍(とハリム)が島へ交渉にやってきます。デチはハリムにいざとなればヨオクと息子を頼むと言うのでした。しかし、ハリムの交渉もむなしく島の村が丸ごと焼かれる事件がおこり、ヨオクの息子は命を落としてしまいます。追われたデチはヨオクを残して(!)北へと向かうのでした。

 1950年の裁判。この時点でも、済州島であの時死んだ人々は共産主義者であったとされており、検察官たちはヨウクを糾弾します。しかし当時なくなったのはほとんどが普通の人たちでした。時代の目撃者として、ヨオクは涙します。そしてついにヨオクは、死刑を宣告されるのでした。ーーが、
 そんなさなかに朝鮮戦争が勃発(そういえば1950年!)。朝鮮人民軍がソウルを陥落させヨオクは死刑を逃れます(で、このあたりから字幕で説明があり、いきなりシーンが進みます。たぶん、ソウルを離れて暮らすヨオクは、デチがパルチザンとなったことを知り、彼を追って智異山へと足を踏み入れる・・)。

 智異山の雪をかきわけ進むヨオク。しかし銃弾に倒れ・・という最初のシーンが繰り返されます。ヨオクの死ののち、彼女を追ってきたデチは絶望し、やはり自らの頭を打ち抜き死に絶えるのでした。そして、(二人を追ってきていた)ハリムは、二人の死を見届け、だれも幸せになれなかった自分たちを哀悼し、黎明の瞳を望んで・・幕。

 ※とりあえず話が大きく進むとき、舞台奥のスクリーンに文字が流れるのですが、私の席からはえらく遠く、「字、字が読めん!もっとでかくはっきり書いてくれ!」とハヅキルーペを求める小泉孝太郎舘ひろしのように叫ばずにはおられませんでした。オペラグラスにズーム機能がないことに苦しみましたよ。というわけで、上記あらすじでは固有名詞や出来事解説等がかなり見落とされていると思われます。特に最後、めちゃ飛んでるし。

 (長くなりすぎたので、続きます)。

*1:ドラマは1975年から日刊スポーツに連載され、1981年に全10巻で発行されたキム・ソンジョンによる小説を原作とする

*2:これまでいくつかDキューブアートセンターで上演予定のミュージカルが上演取りやめになったことがある