ミュージカル「光化門恋歌광화문 연가」(2018-9年、韓国)見て来たよ-映画「1987」と続けて見たい、郷愁のバラードを堪能しよう

1980年代から90年代韓国「バラード」の神話とよばれた作曲家、故イ・ヨンフンのジュークボックスミュージカル「光化門恋歌」が2018年11月2日~2019年1月20日、2号線신도림(シンドリム・新道林)駅直結のDキューブアートセンターにて上演中でございます。タイトルはイ・ヨンフンの代表作の一つでもある「光化門恋歌」からとられています。まずは郷愁あふれるこの曲をお聞きください。 

www.youtube.comこのミュージカルのテーマは追憶。しかしノスタルジアに浸るだけではなく、そこからもう一度、今に至る道筋をだ取り直すことで、現在を強く意識させようとする作品なのです。まさに、民主化運動の過去の語り直しと、今ここにある現在の「民主主義国家としての大韓民国」を認識しなおそうという現在の雰囲気、映画「1987」やドラマ「応答せよ1988」のブームとも共鳴しあうような時間設定になっています。ちなみに、2017年版での大幅改訂によって、2013年に日本・明治座で上演された物語とはお話が異なっておりますので、ご注意を。見て来たキャストはこちら!

f:id:pokos:20181106202741g:plain

中年のミョンウ カン・ピルソク

ウォルファ キム・ホヨン

若いミョンウ イ・チャンドンVROMANCE

中年のスア イム・ガンヒ

若いスア リンジ

シヨン ジョンヨン

チュンゴン オ・ソグォン

インターパークのあらすじ紹介をおさらい!

死ぬ直前の1分、もう一度戻りたい瞬間を探す中年のミョンウと、彼を手助けする思い出旅行ガイド・ウォルハの記憶旅行。

中年のミョンウは今、死に際にあり、最後の心肺蘇生術を受けている。彼は記憶の展示館を訪ね、そこで人の縁を取り扱うウォルハと出会う。ウォルハの手引きで中年のミョンウは初恋の人、スアと会い、若いころに戻っていく。

愛が深まりつつあった冬、光化門でデモが起きる。暴力的な鎮圧に抵抗したスアを白骨団(私服警官)が暴行し、連行してしまう。ミョンウは恐怖にかられてこれといった抵抗もできず、そんな自分を責める。

その後、ミョンウは軍に入隊し、スアは市民運動に身を投じる。2人の縁は深まることはなく、恋しさだけが募っていく。ウォルハの手を借り、ミョンウは幻想と記憶、現実が入り混じる微妙な状況の中で自分の傷と一つ一つ向かい合い…。

 

そう、まさに時代は1980年代末、民主化運動が最後の曲面をむかえていたあの時代。映画「1987」の世界から始まります。高校生の時にであったミョンウとスア。しかし一つ年上のスアは先に大学生になり、運動に身を投じていく。――ドラマ「応答せよ1988」に熱狂した現在の40代~50代の世代には、忘れ去った情熱と、やりきれない思い出が交錯する甘酸っぱくも切ないあの時代。客席はいつもより年齢層高くなるよそりゃ!というものです。最後のオチは別記事にまとめたいと思いますが、夫婦で見れば、いっそう仲良くなって帰れる(たぶん)物語になっておりますよ。

キム・ホヨンさんのウォルファに悩殺されよう!

さて、このミュージカルの見どころであり観客を引っ張っていくのは狂言回しのウォルファ。そのテンションにかかっていると言っても過言ではないのですが。ホイことキム・ホヨンさんのウォルファは、文句のつけようがないキャラ立ちっぷりでございました。宝塚の男役スターをみているかのような気分にさせる身のこなし、不思議なオーラ、踊りのキレはすさまじく、熱唱部分から聞かせるバラードまで、ヴァラエティ豊かに魅せてくれます。ミョンウも最後に出会った死神もどきがホイでよかったね、と思わずにはいられない。すぐさま成仏できそうなゴージャス感です。帽子のかぶり方一つとってもスキがない。舞台掌握力も半端なく、「豪華版ホイショーか?」と思わされますよ。2017年版で観客を熱狂させた、チャ・ジヨン様のウォルファが見られないから今回はやめておこう・・そう思われている方にもおすすめの、ホイ・ウォルファです!

「赤い夕焼け」のサビを練習していこう!

また、このミュージカルはカーテンコールが「赤い夕焼け」の大合唱となっておりまして、これは2013年の日本公演と同じですね。この時使用するペンライトもMDブースで購入可能ですが、ペンライトがなくても「赤い夕焼け」のサビを練習していくだけで、舞台との一体感を楽しめます。

www.youtube.com覚えていきたいのは、「난 너를 사랑해. 이 세상은 너 뿐이야.(なん・のるる・さらんへ、い・せさんうん・の・ぷにや)」の部分。このあたりで舞台からよびかけられますので、思いっきり一緒に歌いましょう。雰囲気を見ていただくために、2017年版のカーテンコール映像をはっておきます。「赤い夕焼け」になるのは4分くらいのところから。チャ・ジヨン様のウォルファもある意味「キレキレ」で最高です・・。

www.youtube.com

2018年、秋の韓国旅行をご予定の方必見?―創作ミュージカル「1446」(2018年、韓国)の日本語字幕サービス

2018年、秋のソウルを旅する予定。そんなあなたに旅行中の選択肢の一つとして提案したいのが、ミュージカル鑑賞です。エステやグルメ、お買い物や博物館散歩の中に、あるいは夜の観光を充実させるプランとして、ミュージカル鑑賞を組み込んでみませんか?・・とはいえ。韓国のミュージカルに興味をもっているけど、オリジナルをいきなり韓国語で見るのはハードルが高い、そう感じている人は少なくないとおもわれます。すでに何度かミュージカルは見たけれど、いつもライセンスものを中心に選んでしまうのよね、という方もいらっしゃるかと。そんな「韓国語ハードル」を感じている方々に朗報です。ミュージカル「1446」には「日本語字幕タブレットサービス(無料)」があるのです。じゃじゃジャーン(無意味にもりあげてみる)。日本語字幕を見ながら、韓国のオリジナル作品を楽しめるこの機会。制作会社のHJカルチャーの芸風(?)も感じられるこの作品を堪能ください。

ミュージカル「1446」は、世宗大王の人生を描く物語。光化門の前から市庁舎方面へと延びる世宗大路の真ん中に、李瞬臣将軍を前に置きデーンと構える銅像がありますが、この人こそが現在使用されている文字であるハングル、「訓民正音」を作った世宗大王なのでございます。韓国の小学生もかならず習うという名君を主役に据え、「ゴッホ」「ラフマニノフ」等天才たちの苦悩を描き続けて来たHJカルチャーが、満を持して発表した韓国創作ミュージカル「1446」。トライアウトや英国でのリーディング公演を経て、ついにソウル初演とあいなりました。2018年10月5日~12月2日まで、4号線이촌역(二村駅)に位置する、国立中央博物館併設の劇場「ヨン(龍)」にて絶賛上演中でございます。

・・作品の詳細に関しては別記事にするとして。チケットの予約及び、字幕タブレットの予約はどこですればよいのか。

チケット・字幕タブレットを予約する場合

1)チケットはインターパークグローバルで予約しましょう。

globalinterpark.comこのページの「Categories」から「チケット」を選択。そこから「ミュージカル」を選択すると、現在上演中(予約可能な)作品がでてきます。そこで「1446」を選んでください。予約によって座席が決定されるので、この情報を制作会社に伝えます。

 

2)制作会社であるHJカルチャーにメール・ファックス・電話にて予約した座席番号を伝え、翻訳機貸出を予約しましょう(英語または韓国語が望ましい)。

HJ컬쳐(HJカルチャー):hjculture(アットマーク)hjculture.com 

※電話番号とファックスは上記HJカルチャーのホームページ下にあります。

 

【文例】2018年11月23日14時公演1階B列30番座席に日本語字幕タブレットを予約したいです。(2018 년 11 월 23 일 14시 공연 1 층 B 열 30 번 좌석에 일본어 자막 태블릿을 예약하고 싶습니다.)

 

・・なに?メールする時点でハードルが高い?あらかじめチケット予約していくなんて、当日気が変わるかもしれないから微妙?そんなあなたには、「当日券+当日貸出のお願いをする」パターンをおすすめします。

当日チケットを購入・字幕を頼む場合

1)上演時間1時間前から当日券が発売されるので、直接劇場に行く。

2)劇場「龍」入口を入ってすぐにチケットボックスがあるので2番(変わる日もあるかもしれません)「현장 판매(当日券)」で座席を選んでチケットを購入。

3)その場(2番窓口)で字幕タブレットを予約。

あるいは、以下の文章を見せてください。

【文例】

日本語字幕タブレットを準備していただけますか?予約はしていません。

일본어 자막 태블릿을 준비하실 있습니까? 예약은하지 않습니다.

 

購入した券の座席番号を確認されると思うので、チケットを見せましょう。これで予約した席にタブレットが準備されます。座席についたら、係りの方がセッティングにきてくれますよ。

タブレットを使っている人はほぼいない

さて、このような翻訳サービスですが、団体観覧などで準備される日をのぞけば、ほぼほぼ使っている人はいない様子。私が試しに頼んでみた11月1週目、週末の公演では、「今日、字幕サービスを頼んだのはお客様おひとりです」とのことでした。なので当日お願いしてもかなりの確率で使えそうです。字幕はある程度意訳されており、途中電波の不具合でとまることもありましたが、歴史年表的知識が捕捉されているなど、外国人観覧客の理解を助けるような親切設計でした。舞台が暗転したときに微妙に光を放つので、周囲の人にちょっと申し訳ない気もしますが。後ろにいたお嬢さんたちは「なんでタブレット?」「ああ、外国人だから使ってるのね」みたいに理解をしめしてくださいましたよ。

※ウエルカム大学路HPhttp://welcomedaehakro.com/width-subtitles-jap/の情報では、字幕サービス10月31日までとありますが、11月現在利用可能でした。とはいえ、必ず12月2日まで利用可能であるか、確約できませんのでご注意ください。

 

ミュージカル「SMOKE スモーク」2018年、日本キャスト版をご覧になった皆様へ!

ミュージカル「SMOKE」日本キャスト版、ついに千秋楽を迎えてしまいましたね。今回作品をご覧になったのは、必ずしも韓国ミュージカルファンに限定されていないと思います。と言うか贅沢空間使いな豪華キャスティングだったから、各俳優さんのファンがたくさんいらしたと思われる。入口は様々であったとしても、いまや「SMOKE」をご覧になった方々はみな心ひとつ、再演が待ち遠しい!と思われているのではないでしょうか。

待つ時間とは長いものDVDとは言わないまでも、せめてCDがあればと思うのですが、悲しいかな日本キャスト版音源の販売はなされておりません。いまからでも作ってはどうでしょうかとお願いしたいくらいですが。「SMOKE」に魅了され、愛煙家になられた方々には、「もう何語でもいい!もう一度、飛ばせてくれ!」ともだえ苦しんでおられる方も多いのではと推測する次第。というわけで、韓国キャスト版「SMOKE」のプレスコール映像を集めてみました。

ちなみに、韓国オリジナルキャストでは、2017年、2018年とOSTが発売されております。2017年OST順でならべておきます。検索するときには、뮤지컬 스모크でどうぞ!

※曲名は韓国語から私が翻訳したものです。

 

1・「はく製になってしまった天才」2018年版

歌:キム・ジョング(超)

www.youtube.com

 

3.「最後のチケットPart1」 2018年版

 歌:キム・ジェボム(超)カン・ウニル(海)

www.youtube.com

5「生」2017年版

歌:ユン・ソホ(海)ユ・ジュヘ(紅)

www.youtube.com

7・「かわいい人、かわいいあなた」2018年版

歌:ファン・チャンソン(海)キム・ソヒャン(紅)

www.youtube.com

10・「たたかい」

歌:キム・ギョンス(超)ジョンヨン(紅)

www.youtube.com

12・「運命のようないたずら・いたずらのような運命」2018年版

13・「ぐるぐるまわるはなし」2018年版

歌:キム・ギョンス(超)カン・ウニル(海)ユ・ジュヘ(紅)

www.youtube.com

15・「煙のように」2017年版

歌:ユ・ソホ(海)ユ・ジュヘ(紅)

www.youtube.com

19・「スモーク1、絶望」 2018年版

歌:パク・ハングン(海)

www.youtube.com

20・「スモーク2、翼」 2017年版

歌:コ・ウンソン(海)パク・ウンソク(超)キム・ヨジン(紅)

www.youtube.com

20・「スモーク2、翼」 2018年版

歌:パク・ハングン(海)イム・ビョングン(超)ユ・ジュヘ(紅)

www.youtube.com