ミュージカル「イブルデッドEVIL DEAD」観覧記ー夏だ!ゾンビだ!流血だ!

ゾンビホラーなB級お笑いミュージカル「イブルデッドEVIL DEAD」が大学路湯にフレックス1館にて上演中。2018年6月12日に幕を開け、もうすぐ終わってしまう8月26日まで。みなさま血はたっぷりかぶられましたか?私は血塗られる方々をのんびりみる「雪原席」で鑑賞させていただきました。見てきたキャストはこちら!

f:id:pokos:20180818225856g:plain

アッシュ:ソ・ギョンス

スコット:ウ・チャン

アニー・シェリー:キム・リョウォン

リンダ:ソ・エリム

シェリル:ソン・ナヨン

映画「死霊のはらわた」ミュージカル版

本作品は、日本では「死霊のはらわた」として公開された映画The Evil Deadのミュージカルバージョン。映画の1と2の主人公たちが一緒に活躍し、3の一部分もとりいれられた豪華(?)もりだくさんな内容。一応ミュージカル版のオリジナルは2003年カナダ・トロントで初演を迎えている模様。韓国では2008年に上演されており、リュ・ジョンハン、ヤン・ジュンモ、チョ・ジョンソクらが参加したという、伝統ある作品です。それが2017年に久々の復活をとげ、昨年に引き続き本年も上演の運びとあいなりました。「死霊のはらわた」がそうであるように、本作品も大変「B級」。そして無駄に音楽が「ミュージカル」。それも、大劇場ミュージカル的楽曲(でも演奏はバンド)でもりあがる、もりあがる。さまざまなミュージカルのパロディもはいって楽しめます(突如、「メン・オブ・ラマンチャ」の曲にスライドしちゃったりして)。そして最後はライブ!ゾンビとともにダンスを楽しむ大学路ミュージカルあるあるスタイルです。途中拍手したり悲鳴を上げたり、「あらあら、まあまあ」と驚いたりすることを観客に強くお願いする「参加型」作品。そして、声をだすだけではなく、登場人物たちとおなじように観客も「ゾンビ」となるべく、血糊をぶっかけられる席が指定されているという過激さです。最前列なのにパイプ椅子!基本、MDショップの「イブルデッドTシャツ」を着用することが望まれている。お土産に、血まみれのTシャツはいかがでしょうか。

1幕2幕前の「観劇の際の注意」が超面白い

このミュージカルは「参加型」。観客はさまざまな「参加」のお願いをされるのですが、それは1幕前の「観劇の際の注意」からはじまります。通常、開演前には「上演中の許可されない撮影や録音は禁止です。携帯電話の電源はお切りください」といようなあたりさわりのない注意がなされますが・・。この劇の「注意事項」は、おもしろ注意喚起で有名なLGアートのメンションをはるかに超える充実度。「すでに、劇場の人にも散々注意されているとおもうので、ここでは重要なことしかいいません」などと前置きしておきながら、「観劇中の撮影、携帯電話での通話、メッセージの確認、送信、受信、ほかのサイトの確認・・などはやめてください」というように、やたら長い!しかも観劇中の禁止事項として、「靴を脱ぐこと、靴下を脱ぐこと、背をわざとたかくみせること・・はしないでください」などと、やたら細かい事項がならべられ、劇場はこの段階から笑うしかない状況に。そして、「この劇を見た皆さんは、愛、家族、死を哲学的に考えてみる・・必要はありません。ストレスの多いこの時代、すっきりして帰ってくださいね!」といような、B級宣言がなされるのです。そう、この劇は、キャーキャーいって、げらげら笑ってナンボなエンターテインメントなのでございます。

スプラッター席がエンタメ度を上げるよ

さて、さきほどこの劇には「スプラッター席」なるものが設定されており、劇中にゾンビから血糊を浴びせられるとおつたえいたしました。一応、マチネも設定されている本ミュージカルでは、スプラッター席にすわりながらも、血糊をあびることを最小限に抑えようとする優柔不断なお客様のために、レインコートが配布されるのですが・・。しかし、常連が大半とおもわれるスプラッター席の観客たちは皆、レインコートをはがされる覚悟、被り物を剥ぎ取られる覚悟もされているようで、劇場前にはビーサンにイブルデッドTシャツ、パジャマみたいな半パンといういでたちで、ん?ここは海の家かな?的風景が広がります。ゾンビになるき満々といいましょうか。

しかし、こうした皆のやる気が裏目にでてか、観客席前方「スプラッター席」のひとびとがゾンビのいけにえになる二幕開始前には、「2017年には、『本当に(血糊を)かけられるの??』という緊張から、皆さん自然に悲鳴を上げてくださいましたが、2018年にはいってから、『さあ、おかけなさい』というような態度がみられるようになりました。悲鳴の量が減っております!非常に残念です。この問題は、われわれではなく、皆さんの責任です。さあ、悲鳴を出す練習をしましょう」みたいに言われ、叫ばされるのでありました。ゾンビ化にむけてやるき満々なのも考え物なのです。

ちなみに、「スプラッター席ではないかたがたは、ゾンビの餌食になるひとびとをみて「あらあら!」とか「わー」などと、声を上げてください」などと指定もはいりますので。とりあえず、このとき一緒に「発声練習」をして、気分をもりあげておきましょう。

 

で、肝心の物語なのですが・・とりあえず力尽きたので、続く。

 

ちなみに、ストーリー関係なく楽しめますので、夏のフランケン観劇滞在中の方は、ぜひ・・!・・・いや、フランケンみたほうがいいかな・・いや・・もしよろしければ・・ぜひ!・・・(ためらいが・・)。

 

ミュージカル「スモークSMOKE」ライセンス公演決定-日本語でゴー!

植民地期の朝鮮半島で活躍した詩人であり小説家の李箱(イ・サン)の生涯を扱い、創作の苦悩とよろこびを描く韓国の小劇場系創作ミュージカル「スモーク스모크SMOKE」の日本ライセンス公演が発表されましたね!

musical-smoke.comホン役の説明に「聖母マリアのように包み込む、母性の象徴のような<紅>」という文言がおどっているのが、ちょびっと不安。ホンは母性だけを象徴するのではなく、多面性をもつ「女性性」(どの性の人の中にもありうるような抽象的な女性イメージ)の象徴だと思うので・・。むむ。

 

韓国のミュージカル情報サイトでも記事が出ています。

www.themusical.co.kr記事によると、2018年10月4日~28日まで東京の浅草九劇にて上演される模様。

演出:菅野こうめい

チョ:日野真一郎LE VELVETS)・木暮真一郎

ヘ:大山真志

ホン:高垣彩陽池田有希子

制作:ATRAS

がキャスティングされております。『キムジョンウクチャッキ(あなたの初恋探します・キムジョンウク探し』日本版を制作した会社がライセンスを購入したみたいですね。

李箱の詩の日本語翻訳版が曲にも用いられるのだとおもわれますが、それはそれでまた違った雰囲気になりそうです。

 韓国初演版の感想を、気持ちの高ぶりとともに書きなぐった記事は以下に。そういえば、(4)を途中まで書いて放置しておりました。後日完成させたいところ・・。

pokos.hatenablog.com

pokos.hatenablog.com

pokos.hatenablog.com

 

 

ミュージカル「国境の南」(2018年・再演)見て来たよ-ソウル芸術団のクオリティが光る!

暑い日が続きますがみなさまいかがお過ごしでしょうか。ソウルに避暑に行きたい今日この頃。チケットとっちゃう?という誘惑にかられております。

さて、今回取り上げるのは、ミュージカル「国境の南」。2016年に初演された本作品、2018年6月29日から7月15日までドゥサンアートセンター・ヨンガンホールにて上演中でございます(というかもう終わる)。30%の外国人割引価格がインターパークグローバルにて設定されておりますが、パスポート確認されますのでご注意を。見て来たキャストはこちら。

f:id:pokos:20180715143253g:plain

ソノ:カン・サンジュン

ヨナ:ソン・ムンソン

キョンジュ:ハ・ソンジン

パク刑事:チェ・ジョンス

ミュージカル「国境の南」とは?

韓国におけるドラマ・映画、そしてミュージカルの主題、その霊感の源泉となる歴史的事象に「植民地期」と「朝鮮戦争」の二大トラウマがあることは間違いないでしょう。さらに言えば、それをもたらしたもの、そこから引き起こされたものもまた、多くの作品となって世に問われてきましたし、たぶんこれからも多くの秀作が排出されると思われる。このミュージカル「国境の南」もまた、韓国近現代史モノの一つとして、南北の分断という現実の中で生きることを、一般の人々の目線から考えていく物語なのでございます。

本ミュージカルは2006年に制作された映画「国境の南」をベースとしておりまして。これは、朝鮮戦争を直接に扱った「ブラザーフッド」、軍隊から現代の分断国家をみた「共同警備区域JSA」などに続き、恋愛や人の情というレベルから「分断」をとらえようとしたものでございました。チャ・スンウォンが主役をつとめたこの映画、日本では「約束-Over the Border」というタイトルで公開されておりますが、「JSA」や「ブラザーフッド」レベルで受け入れられたかというと、相当「いやまあ、そんなふうにはね、ごにょごにょ」と口ごもらざるを得ない状況でございました。これは、韓国においてもそうであったようでして。

www.kadokawa-pictures.jp

物語の主人公は、北朝鮮の青年ソノ。マンスン台芸術団のホルン奏者。芸術団仲間で女優の恋人ヨナがいる。ある日、南で成功した祖父に呼び寄せられる形で、ソノの家族は脱北を決意する。家族を捨てることはできない彼は、北に恋人を残したまま南へと渡るのであった。脱北後、南へ彼女を呼び寄せるための金を稼ぐ日々を過ごすソノ。しかし、ヨナを脱北させることは難しく、連絡もままならない。時間だけが過ぎていき、風の便りに彼女は亡くなったと聞くことになる。絶望と諦めの中、彼は南で家族を持つことを決めた。穏やかな日々と家族の成功。彼は南で自分の居場所を築いていった。そんな穏やかな日々の中、ヨナが命がけで脱北し、南へやって来たという知らせを受けるー。というような物語。彼が取る一つ一つの選択が、日常の力学の中でやむを得ないものとして描かれていきます。これが切ない。ロマンチックな運命の恋が実らないところに、「現実の幸せ」が描かれていきます。一見「愛」がこの物語の主題に見えますが、実は「支えあう人々と生きていくこと」を日常の中で確認していくプロセスが重要なのだとメッセージしているように思えるのです。単なるメロで終わらないのは、感情を歌に乗せて存分に語れるミュージカルならではの効果なのではないでしょうか。

ソウル芸術団とは?

さて、本公演はソウル芸術団(SPAC)の創作ミュージカルとして制作されております。

www.spac.or.krソウル芸術団と言えば、ミュージカル「神と一緒」や、ミュージカル「尹東柱、月を撃つ」などでもおなじみですね。劇団は1986年に「88ソウル芸術団」として文化体育観光部(日本でいう文部科学省)傘下の国公立芸術団体として発足し、30年の伝統を持つ。年間3-4本の創作公演を行い、国際交流の場における役割も期待された組織なのです。特に、設立当初には、「南北文化交流」という「交流」がその目的にあったようですので、ミュージカル「国境の南」はまさにソウル芸術団のアイデンティティに関連する作品であるといえましょう。

創作劇と韓国的公演コンテンツにコダワリをもつソウル芸術団ならではの「北朝鮮の芸術団」演目のシーンなど、見所もたっぷりのミュージカル「国境の南」。たぶん定期的に再演されると思うので、今回見逃した人も、次回ぜひご覧になってみてください!