韓国ミュージカル☆ライフ

韓国ミュージカルを楽しみつくすブログ

演劇『R&J』(2019年、再演)見て来たよ―「演じること」がもたらすカタルシスを共に経験する舞台(その2)

 演劇『R&J』は2019年6月28日~9月29日まで、東国大学イヘラン芸術劇場にて上演中。「舞台席」なるシートがありますが、まさに舞台上に座り(というか、舞台に半分めり込む?席も)目の前30センチに俳優さんの息遣いを感じることのできる極上体験さえも可能ですので、複数回の観劇をおすすめしたい作品です。ではでは観劇記録の続きとまいりましょう。(その1はこちら)。

f:id:pokos:20190826183646g:plain

 さて、その1でも書きましたが。この作品は、抑圧された学生生活を送る学生たちが、シェイクスピアの戯曲を自ら演じることによって、自分たちの中にあった情熱や愛、怒りなどの感情を掘り起こし、それを表現することを覚えるというストーリーと、彼らが演じる『ロミオ&ジュリエット』が交錯しつつ進んでいきます。当初、演じることに戸惑いや恥ずかしさを持っていた学生たちが、途中からだんだん本気になっていく様子が面白い。まずは学生1と2が、やがてそれをやや外側から眺めていた学生3と4が、自分の「感情をのせて演技してもいい」と気づくことで、彼らの劇中劇が本格的な劇となって舞台上に展開していきます。2幕からは観客の目の前には「学生たちが演じている『ロミオ&ジュリエット』」ではなく『ロミオ&ジュリエット』の舞台が展開していくのですがーー。

役柄を演じるからこそ露呈する演技者本人の姿

 学生1、2、3、4の全員が『ロミオ&ジュリエット』モードに突入してからは、複数人の人物を演じ分ける俳優さんたちそれぞれの役作りが一つの見どころとなります。この部分の表現が無限の広がりをもっていて、チケットの買い増しが無限に繰り返される地獄(タスケテー)。加えて、彼らが本気で演じ始めるからこそおこる現象が描かれます。「学生1、2、3、4」がもともと抱えているトラウマや抑圧されていた何かが露呈してくる様子、これが「シーンとして挿入」されていくのですが、まさに脚本的な妙と言えましょう。自らの感情を吐露するという行為を「演技」として「表現できる」ことに気づきはじめた学生達は、抑圧されていたもの、忘れ去ろうとしていたものを自らの中に次々と到来させていきます。特に印象に残るのはジュリエットがロミオ追放の知らせを受け、両親からパリスとの結婚を迫られるシーン。ジュリエット役の学生2は、父権的な抑圧への恐怖や絶望、そこからの逃避を願う感情、おそらく学生2と言うキャラクターの中にあったのであろう、自分の意見が全く聞き入れられないような何らかの経験を思い出し、感情を爆発させます。それに対し、父権的な力を行使する役割を担った学生3と4は、自らの中にあった暴力性を暴走させてしまい、学生2を痛めつけてしまいます。途中、自らの暴走に気づいた学生3と4はふと正気に戻り、憑依するかのように役に没頭することで発見してしまった自分自身の闇におののきます。学生2としての自己をジュリエットに託して演じ続ける友人の呼びかけに、「役柄」として答えることができなくなる学生3・4。芝居は中断するのか――。そんな空気の中、学生1が台詞を引き継ぎ発声することによって、学生3と4は、自らの感情を整理し、役柄と自分の間に一定の距離を置きつつ没頭することに自覚的になって、再び芝居へと復帰します。そして学生達は、『ロミオ&ジュリエット』を演じ切るのですが。

「演じること」の忘我から日常へ

 ジュリエットがロミオの死を知り自ら命を絶つシーンまでを演じ切った学生たちは、日常が戻る「足音」をききます。「夢の時間」は終わりを告げたのです。学生2・3・4は急いで熱演の中脱ぎ捨てた制服を整え、自分を押し殺すような日常へと戻ります。なかなか現実に戻ってこれない学生1は、皆を押しとどめようとするのですが、それはかないません。そんな彼に、学生2は『真夏の世の夢』の妖精パックが幕引きをした台詞を送るのでした。学生1はあきらめて再び制服を身に着け、日常に一度は復帰しようとします。あれは一夜の夢だったのだ。妖精パックが言うようにたわいもない夢なのだと自分に言い聞かせます。が、同時に、頭の中にあのシェイクスピアの言葉、皆が思いを込めて発した台詞が次々によみがえります。そしてーー学生1は、突然思い直したように上着を脱ぎ棄て、叫ぶのでした「ゆうべ、夢を見た」と。ーーで、幕。

 さて、演劇『R&J』では物語が幕を閉じた後、カーテンコールの終わりに、再び4人の俳優さんたちが制服を脱ぎ捨て、ネクタイを取り払いそれらを放り投げて「ふぅーっ!」と声を上げる瞬間で暗転する、というラストが用意されています。このシーンは、「『ロミオ&ジュリエット』を演じている「学生たちの『演技』の物語」」を演じていた俳優さんたちが、「自分に戻る(キ・セジュンに、ホン・スンアンに・・と言う風に)」瞬間のようにも、あるいは「学生」たちが再び「夢をみる」ことを選んだようにも見えます。この曖昧なシーン、ただ一つ間違いがないと思えるのは、そこにあふれる「芝居をやりきったぜ(かつ)もっと芝居やろうぜ!」という、彼らの無限の演劇に対する愛ではないでしょうか。あのシーンだけでご飯10杯いける・・という気分にさせられます。

演技は演者に何をもたらすのか?を表現する

 さて、私が演劇『R&J』が面白いなー好きだなーともだえ叫びたくなる一つの要因は、この作品が、役柄を演じることで、俳優さんたちは日々こんな経験をしてるのかもなぁ、と思わせる構成だからかもしれません。俳優さんたちは自らの「演技体験」を客観化して、観客にも「僕らこんな風に演技するっていう経験をしてるんです」と示してくれているような。だからこそ観客は、彼らと共に舞台を飛び回る「学生5」になれるような気がするのです・・。ええ、妄想なんですが。

 たとえば、ジュリエットに過剰に暴力を振るい、学生3・4がふとわれに返ってしまうシーン。ここで示されるのは、芝居をすることは単純な忘我ではないがそれに限りなく近いのだ、という感覚ではないでしょうか。そして、その境界的な領域では、無意識化された俳優本人の経験や思考がさらけ出されてしまうことがあるが、俳優たちはそれを暴走させるのではなく、再度物語中の「役柄」に回収できてこそ演技として成り立つのだ。そんな風に演技論チック(しらんけど)なうんちくを読み込みそうになるのです。俳優さんたちの表情、ふと劇中の「演技」から離れる瞬間と再度没入する部分。この変化には、本当にゾクゾクさせられます。と同時に、演じることを通じてつかめる、「私は何者なのか」という感覚とその満足感が「演技する」ことの喜びなんだよ、と言っている気もする。「学生」という社会的な役割のみで分類されている登場人物たちは、抑圧を受けてはいても、それに真っ向から挑むような、ある一定の形をとった「ほんとうの私」をもともと持っていたわけではないように思います。むしろ彼らは、芝居の中で『ロミオ&ジュリエット』の「役柄」を演じていくことによって、何に抑圧され、恐れているのか、そんな自分とは何者なのかを発見するのはないでしょうか。またこの「発見」は、演技によって何かの結末を見たと思えるかどうかにも大きく左右されている・・そんな含みがこの物語では示されているようにも思えます(これは次にもうちょっと考えて見たいと思います)。

「学生」たちが自分の言葉を一切話さないこの演劇は、『ロミオ&ジュリエット』をはじめとしたシェイクスピアの言葉、つまり「他人の言葉」だけを語っているにもかかわらず、より深く「私」を表現する、という演劇の本質(いや、しらんけど)を観客に体感させ納得させる、いや納得させなければならない、俳優さんの演技力ガチ勝負な作品だ!と感動・感激したのでございました。

演劇『R&J』(2019年、再演)見て来たよ―「演じること」がもたらすカタルシスを共に経験する舞台(その1)

演劇『R&J』が2019年6月28日~9月29日まで、東国大学イヘラン芸術劇場にて上演中。ジョー・カラルコの脚色・演出で1997年ニューヨークで初演された『Shakespear's R&J』の韓国再演(韓国初演は2018年)。厳格なカトリックの全寮制学校で暮らす男子学生4人が、夜中にこっそりと「ロミオとジュリエット」のリーディングを始めるという設定の本作品、演じる人間を演じる俳優たちの没入ぶりも見どころで、何回も見たくなること間違いなし。上演時間は二幕150分(公式)。しかしなぜかいつも3時間近くかかってしまうこの不思議。最初に見たのはこのメンバー!

f:id:pokos:20190810200024g:plain

学生1:キ・セジュン 

学生2:ホン・スンアン

学生3:ソン・ユドン

学生4:ソン・グァンイル

ロミオとジュリエット』をこっそり演じる男子学生たちの物語

 本作品はシェイクスピアの『ロミオ&ジュリエット』を骨格とし『真夏の世の夢』『ソネット#18、116、147』『ヴィーナスとアドニス』の言葉が随所にもちいられ、構成されております。ジョー・カラルコの脚色・演出版をチョン・ヨン作家(『神と共に』等)が韓国語へと翻訳し、キム・ドンヨン(『新興武官学校』等)さんの演出、ソン・フィジンさんの振り付けを加えることで、超カッコいい韓国版の『R&J』に仕上がっておりまする。イヘラン芸術劇場の高さのある空間と厳かな照明、ここぞという場で効いてくる「音楽」による演出も、シビレル・・。

 さて、『ロミオ&ジュリエット』を演じるのは、厳格なカトリックの全寮制男子校に通う学生4人。彼らは日中、勉学にいそしみ学校が与える価値の中でのみ行動することを要求されています。規則に反すると体罰が与えられさえするのです。「嘘をついてはいけない」「盗みをはたらいてはいけない」「自らを欺いてはいけない」「だれも殺してはいけない」「欲望の奴隷にされぬよう――」機械的に繰り返し叫びながら、彼らは自分の中にある感情を押し殺して日常をやりすごしています。そんな彼らが発見した楽しみ。それは夜中に寄宿舎を抜け出して、隠してあった『ロミオ&ジュリエット』の戯曲を読みながら、それを遊び半分に演じてみること。それぞれの役どころを「誰がやる?」という風に目くばせしたり、お前がやれよ!とお互いアツを掛けたりしながら複数の役どころを演じていきます。男性キャラクターの「下品な」言葉におどけつつも盛り上がったり。乳母ややジュリエットの母などの「女性キャラクター」をわざとらしく演じて見たり。「嘘をついてはいけない」「自らを欺いてはいけない」そんな日々の抑圧を「べ、べつに本当の意味でこの言葉をいってるんじゃないんだからね!」とばかりに、学生達は「役柄」を免罪符にして禁じられた言葉を話す「自由」をひそかに楽しみます。喧嘩のシーンはこんな風に演じたらいいんじゃない?戯曲を包んでいた布を使って、演出の提案もしてみたりしながら。そのお遊びは、彼らにひと時の気休めをもたらす程度のもののはずでした。

 がそんな中彼らに最初の変化がおこります。普段の勉強用ノートにソネットをこっそり落書きするくらいのシェイクスピア信者で、上演にもっとも積極的な学生1は、遊び半分のほかのメンバーがちょっと不満。ジュリエットを演じることになった学生2も、「俺がジュリエットなの?」という風でわざと「男らしく」話してみたりして反抗的。しかし物語が本格的に展開し、ロミオとジュリエットが恋に落ちていく過程を演じるうちに学生1と2はどんどん「演技」にのめりこんでいくのです。そこで演じられる恋心が、学生1と2の心の奥底に初めから存在していたモノなのかどうか?それは見る人(と演じ手の演じ方)によって変わりそうな部分。実は学生1は学生2がもともと好きだったからこそジュリエットに抜擢?した、というような「学芸会あるある」としても読めます。また、学生2は秘めていた恋心を学生1に見透かされたようでドキドキしたからこそ、わざとジュリエットを「男っぽく」演じようとした、とも見て取れるのです。しかし個人的には、ここはあえて学生1、2は「演じているうちに、(戯曲に描かれた)恋心というものの在り方、衝動的に突き上げてくるような情熱を『つかんで』しまった」と言う風に捉えてみたい。

 恋の演技にのめりこんでいく2人を目にして、学生3と4はちょっと慌てます。ちょっとちょっと、なにマジになってんの。こんなの遊びじゃないか!おもわず「演じる」ことをやめさせようとさえします。学生達が日常の中で刷り込まれた「欲望」への恐怖がそんな風に彼らを駆り立てるのかもしれません。この学生3と4の劇を継続することに対する妨害は、『ロミオ&ジュリエット』の主人公二人の恋路を邪魔し、その間を引き裂こうとする力を示す演出にも見えるという「う、うまい・・」と唸らせられる部分です。妨害にも関わらず、二人があくまでも「演技」を続けようとする姿を見ているうち、学生3・4は自らの中にあった(たぶん「自分」を解放してしまうことへの)恐怖をふと相対化できるようになります。そして彼らは、「演技」に正面から向かい合う決意をするのです。この、学生3と4の中に起こる変化が、舞台の空気を一変させます。ここから二幕最後までの「もってかれる・・!」感が半端ない。学生3と4がそれぞれ「こんな風に(のめりこむほどに)演技していいんだ・・。」と吹っ切れるところから、彼らの演じる『ロミオ&ジュリエット』のレベルが爆上がりします。俳優さんたちが押さえていた(?)演技力も爆発しますよ!

つか、ここまで書いてまだ1幕の内容ですな・・。長いな。書いたら(見たらあっという間!)。

・・・というわけで、続く。

続きはこちら

pokos.hatenablog.com

 

ミュージカル『リトルジャック』(2019年、韓国、再々演)見て来たよ!―ライブハウスで語られる恋の物語を聴こう

韓国の創作ミュージカル『リトルジャック』が2019年7月13日~9月8日まで大学路TOM2館にて上演中。1967年の英国、クラブ・マーティンで今や人気バンドとなった「リトルジャック」が特別公演を行う。そこでボーカルのジャックは大切な人の話を始めるのだったーー。リトルジャックの演奏と、過去を回想しつつ語られるジャックとジュリーの物語が平行して進むミュージカル。2016の初演から数えて三演目、みたびクラブマーティンの夜が始まります(見たのはマチネでしたが!)。キャストはこちら。

f:id:pokos:20190810195942g:plain

 ジャック・フィッシャー:ファン・ミンス

ジュリー・ハリスン:ホン・ジヒ

黄順元の小説『ソナギ(夕立)』をベースとした儚い恋の物語

 本作品は教科書にも取り上げられる(そして語学学校でも一回は目にする有名な)小説『ソナギ(夕立)』に発想をえて書かれたそうで。まさに初恋とその喪失(ネタバレしますと、少女の死による永遠の別れ)を扱う物語です。まずざっくりとお話を描き残しておきましょう。

 成功したバンド、リトルジャックがその出発点となったクラブマーティンでライブを開く、劇場はそのライブハウスという設定で物語は始まります。観客はライブハウスのお客でもある。バンドボーカルのジャックは、この場に残る、亡くなった恋人との記憶をたどり、それを語りながらライブを進めていきます。彼の話によると、リトルジャックがまだまだ駆け出しのころ、代打ピアノ奏者として急きょ呼ばれてやってきたのがジュリー、彼の最愛の恋人となる少女でした。ここにいるのは自分一人だと思えばいいよ。ジャックは緊張する彼女に声をかけ、リラックスさせ、ピアノを演奏させたのでした。留めておきたい瞬間を撮影したい、そんな思いからジュリーはいつもカメラを持っていました。そしてジャックにそっと、去年のライブでジャックが歌う写真を渡したのでした。恋に落ちる二人。その恋心から生まれる曲。また、ジュリーは武器商人の娘でした。ジャックが大切にしているギター・リトルジャックをくれたのは父なんだ、そんな話をするジャック。しかし彼の父は戦争でなくなっていました。ジャックに謝るジュリー。君に責任はないよ。そういうジャックに、武器を打ったお金で生活している自分にも責任はあるのだというのです。やがて、二人の恋はジュリーの父の知るところとなりますが、その仲は認められません。ジュリーは普段アメリカに暮らしているのですが、肺病療養のため、夏はイギリスで過ごしていたのです。夏ごとに思い出を重ねる二人。いつしかジュリーとジャックは父の手を逃れて駆け落ちすることさえ夢見、やがてそれを実行しようと計画します。ついに計画を実行にうつした夜。ジャックはジュリーと待ち合わせた駅に向かう途中、ジュリーの父とその部下に襲われ、意識を失ってしまいます。やむなくジャックの元を去ったジュリー。ジャックは喪失を抱えて創作に励むしかありませんでした。その怒りと喪失は多くの曲を生み出します。

 生み出された曲が評価され、スカウトのサムによってリトルジャックはついに全米ツアーにでることに。スターになればジュリーに気づいてもらえるかもしれない、ジャックはそんな思いを抱いてツアーに臨みました。しかし積み上げられる成功とは裏腹に、ジャックは不眠症に苦しみ、アルコールと薬付けに。そしてここ一番の大舞台の前日、ふと目にした新聞記事にはジュリーと大手自動車メーカーの息子との婚約が報じられているではありませんか。ジャックは晴れの舞台で酒をあおりながら歌い、そして父からもらった大切なギター・リトルジャックを壊してしまうのでした。乱闘の結果ジャックは逮捕、麻薬中毒のため入院。全てを失ってしまいました。その後、すこしづつ活動を再開するも、舞台恐怖症に苛まれ、十分に歌えません。再起をかけたオーディションでも言葉に詰まってしまいます。もうだめなのか・・。そう思ったとき、そこにジュリーが現れ、ピアノを弾き始めます。そして彼女は、ここにいるのは自分一人だと思って、かつてジャックがジュリーを勇気づけピアノを弾かせた、あの言葉をかけるのでした。ジュリーの支援を得て息を吹き返すリトルジャック。ジュリーとともに歌を歌う幸せな日々がもどってきました。そして、ジュリーに再度プロポーズするジャック。しかし答えを告げぬまま、日記を残してジュリーはいなくなってしまいます。そう、彼女は肺癌が全身に転移しており、もう助かる見込みはなかったのです。ジャックが必至で彼女の入院した病院を見つけた時には、すでに無くなっていました。彼女は最後に、永遠の愛を読む詩と彼女の言葉、私は星になって輝くわ、あなたは歌っているときに輝く、だから私が見つけられるよう、歌って‥、その言葉を残したのです。クラブ・マーティンの観客たちに、ジャックは語ります。だから僕は歌うのだ、と。そしてライブは彼女に捧げる歌で幕を閉じるーーー。あとはほんとにライブ!

基本的にジャックがしゃべりまくり歌いまくるよ、どこまでも

リトルジャックバンドの持ち歌の創作秘話が「ソナギ」的物語として語られ、同時にライブが進行していくというスタイルの本作品。話をすすめ、歌を歌いまくるのはジャック、なんといってもジャーック!これに加えてジュリーが回想の物語内にちらちらあらわれ、いくつかの曲で共に歌うスタイルです。なので、はっきり言ってジャック役の俳優さんの一人芝居に近い形(いや、ジュリー役の俳優さんもそこそこ出てきますけどね・・)で進みますので、大好きなキャストにあたれば、至福の時を過ごせること間違いなし。ストーリー自体は、王道初恋モノと言える直球ストレートなので、そこに何かを読み込んだり云々というよりは、初恋のこそばゆいキャッキャッ感を堪能してこちらまでこそばゆくなりながら、ジャックにキャー!とさけぶライブ的ノリの楽しみを重視したいところ。

そして『馬車にのってワイワイ』(ゴレゴレ)系のライブ・バンドモノにつきもののカーテンコールはほんとにライブしちゃうよ!という設定ですので、心の準備をよろしくお願いいたします。とりあえず、一緒に歌うことを要求されますが、ちゃんと「ここでこんな風に歌ってね!」といいう指示がはいり、練習もした上で臨みますので、そんなに心配はないと思われます。あとは一緒に歌うだけ!隣のおねえさんがすんごくうまくてもびっくりしないでくださいませ・・。

日本語字幕サービスが受けられます

また、本作の制作会社であるHJカルチャーは、最近自社制作作品に関して字幕表示用多言語タブレットの貸し出しサービスをおこなっているのですが、この作品でも字幕サービスがうけられるようです。座席は後方列になってしまうらしいのがやや残念ですが、日本語で内容が知りたい!という方は利用されてみてはどうでしょうか。(記念品って何がもらえるんでしょうね?)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミュージカル<リトルジャック>字幕機申し込みのご案内

 

ミュージカル<リトルジャック>は、外国人観客のみなさまのために、字幕機サービスを提供しております。

字幕支援サービスは7月25日より可能です。

字幕支援サービスをご希望の方は、前日までにHJカルチャーのお問い合わせメール(help@hjculture.com)へ、お申し込みください。(日本語、中国語、英語)

 

字幕が映し出されるパッドの明かりのため、座席は最後列の通路周辺をご予約くださいますようお願いいたします。字幕をサポートする座席は限られているため、先着で締め切りとなった場合は、字幕をサポートのご提供はいたしかねます。ご了承ください。

 

 

■申し込み方法

チケット予約(最後列通路付近の座席)→事前申し込みメールを発送→申し込み確認メールを確認→30分前に会場到着→チケットの受け取り・字幕機申し込みの確認→ミュージカル鑑賞

 

HJカルチャー代表メール:help@hjculture.com 

 

(申し込み様式)

1.ミュージカルタイトル:

2:観覧日付/時間:

3.お名前:

4.お使いになる人数:

5.予約座席番号:

6.言語(英/中/日):

 

■字幕機の使い方

字幕機は予約した座席にあらかじめ設置されております。

言語選択→公演情報の画面→公演が始まると自動的に字幕が映し出されます。

*公演が始まると、自動で字幕が流れますので、これ以降の機器操作は控えてください。

 

*小劇場の公演ですので、小さな声や動きが周囲のお客様のご迷惑となることがあります。 

他のお客様のために公演観覧マナーを守ってください。

 

どうぞお楽しみください。

 

■ 外国人観覧客向けキャンペーンのご案内

外国語字幕サービスをご利用の外国人観客の方に限り、先着順で記念品をプレゼントいたします!(早い者勝ち!お見逃しなく)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

hjculture.com