ミュージカル「ソピョンジェ(西便制・서편제)」(2017年版)観覧後記(1)-今度は何冠?

韓国創作ミュージカル「西便制(ソピョンジェ・서편제」が2017年8月30日に開幕、11月5日まで、狎鴎亭BBCHシアターにて上演中です。ユン・イルサン作曲・チョ・グァンファ作・イ・ジナ演出、キム・ムンジョン音楽監督という「国内代表ミュージカル創作陣が意気投合して上梓した作品」とのこと(聯合ニュース2017年6月5日「ミュージカル西便制8月開幕、イジャラン、チャジヨンなど出演」より)。実際、2010年の初演以降、再演される度にその年のミュージカル賞を総なめするほどに評価の高い本作品。その2017年度版は、初演メンバーであるイ・ジャラン、チャ・ジヨンに国立昌劇団所属のイ・ソヨンが合流して、もう誰を選んでも後悔はない!というキャスティング。私が見て来たメンバーはこちら。

f:id:pokos:20170908214512g:plain

ソンファ:イ・ジャラン

ドンホ:キム・ジェボム

ユボン:イ・ジョンヨル

予習はどのくらい必要か?

さて、ミュージカル版「西便制」はイ・ジナ演出。時間が空間上で交錯するあのタイプがわんさか用いられておりまする(イ・ジナあるある)。物語は、年老いたドンホが探し求めていたあのひとに会いに行く、というシーンからはじまり、そこに子どものころのドンホとソンファが登場。時代が舞台上でまじりあい、現代と過去のいくつかの地点を行きかいつつお話が始まっていくのです。が、ご安心を。ここでお話が分からなくなるのでは!と一瞬心配される方もいらっしゃるかもしれませんが。ここから起こることはほぼインターパークグローバル、ミュージカル「西便制」ページのあらすじ説明内の出来事にすぎません!

「世の中は犠牲だと言い、彼女は人生だと言った」幼いソンファは異母弟のドンホと一緒に、真のパンソリ唱者になろうとする父ユボンに連れられあちこちを旅する。ソリ(音、歌)の道を歩みながら、互いに心を通わせるソンファとドンホ。だがドンホは父ユボンのソリが母親を死に追いやったと考えて父を憎むようになり、結局は自身のソリを追い求めて彼らのもとを去る。ソンファは父のそばに残ってソリを完成させようとするが、去っていったドンホに会いたくて修行に集中できない。そんな彼女のソリのため、ユボンはソンファの視力を奪う。そして50年後、それぞれのソリ人生を歩んでいたソンファとドンホは再会し…。Interpark |

以下、ややネタバレ注意です。

もしポイントがあるとすれば、ドンホと父の葛藤の原因であり、しかしソンファと父、父とドンホの母をつなぐものは「伝統的なソリの追求」という芸人の業のようなものだという点。ドンホは自分を失わせ破壊してしまうような、しかも時代から取り残され忘れ去られようとしている「伝統的なソリ」を憎んでいます。しかし、最後に気づくのは・・・その伝統的なソリこそが、もっとも自分やソンファを解放し、自分たちの存在を肯定し、お互いを深く認識させる土台だということなのです。この、ソリをめぐる葛藤・後悔・和解をめぐるシーンが、すべてソリクン(歌い手)の声で強調されていく本作品。まさに、歌・声が命なのですが・・。

 

(というわけで、長くなりそうなので、続く!)