韓国オリジナルミュージカル『SMOKE(スモーク)』日本キャスト版の再演決定!※追記あり

韓国の創作ミュージカル『スモーク(스모크)』を愛する皆さま、そしてもちろん日本キャスト初演で『SMOKE』の魅力に取りつかれた愛煙家の皆さま、韓国版をまたずして日本キャスト版の再演が決定した模様。2019年6月6日~16日東京芸術劇場シアターウェストにて上演予定となっております。出演者は以下!

超:石井一孝

海:藤岡正明

紅:彩吹真央

演出は日本キャスト初演と同様の、

翻訳・演出:菅野こうめい

となっております。今後詳細が待たれますが、短い上演期間でシングルキャストという「日本型*1」の上演スタイルではありますが、並々ならぬ実力派キャストによって『스모크』の魅力がどのように引き出されるのか。前回の浅草九劇とは異なる劇空間で、どのような演出が試みられるのか。期待はいやがおうでも盛り上がるというものです。これを機に、絶版になってる李箱関連の日本語書籍が再発行されることも祈りつつ、続報をまつことといたしましょう!

www.amazon.co.jp(再販を望む『李箱作品集成』)

www.aozora.gr.jp(一部の詩は『青空文庫』で読めます「AU MAGASIN DE NOUVEAUTES」は『SMOKE』ファンなら必読)

追記

その後、東京芸術劇場シアターウエストでの上演期間終了後、日本版初演の上演劇場である浅草九劇で、初演キャストによる公演が決定しました。キャストはこちら!

日野真一郎(LE VELVETS)/大山真志/木内健人/木暮真一郎・池田有希子高垣彩陽日野真一郎大山真志は<超><海>どちらも演じます

今回はやはり、超・海の役替わりがあるところに沼感を感じます。演じている俳優さんの役柄の理解度は多面的になるでしょうから、観客はそれを読み解く楽しみが増すとおもわれます。前回見逃してしまった、というかたにも良い知らせなのではないでしょうか。あとは韓国版の三演の消息があればいうことなしなのですが・・!

*1:韓国では小劇場タイプのミュージカルであっても、2カ月程度の上演期間があり、メインキャラクターがダブル・トリプル、クアトロでキャスティングされることが少なくありません