ミュージカル「タイタニック(TITANIC)」(韓国版・2017‐8年)見て来たよ(2)ースター中心でなくても魅力あふれる舞台

ミュージカル「タイタニック」が2017年11月8日から2018年2月11日までシャーロッテシアターにて上演中でございます。舞台セットがうまくタイタニックの世界を表現している本作品。もちろん魅力はそれだけにとどまらず、韓国ミュージカル界の至宝(?)たちによる演技と、こうした主役級のひとがアンサンブルとなって歌われる合唱部分のすばらしさ。観光のついでに、ロッテワールドタワーにのぼったかえりに、ぜひ足を運んでほしい作品でございます。(シャーロッテシアターは、蚕室ロッテエリアにあります)。

f:id:pokos:20180121145427g:plain

(人が途切れた瞬間素早く撮影しようとしすぎて変な角度に)

マルチ・ロールが生きる

本作品では、最大1人5役を務めるマルチ・ロール方式で配役されておりまして。インターパークなどで確認できるキャスト表では、クルー、1等船室の客、2等船室の客、3等船室の客という風に分類され、あたかも1役しか演じないかのように見えますが。いやいや例えば、韓国の「お花様」ことチョン・ドンファさん(チョン・ドンファさんは愛称が꽃님)は、あるときは1等船室にのりくむマダムのつばめ、あるときは3等船室でアメリカンドリームを語る若者、ある時は楽師、そしてキャスト表にあるのは「無線技士」(ほかにもあったかも)。このように、俳優さんたちが複数の役を演じることによって、俳優と役柄の個性が過剰に一致し、その役柄が物語中の登場人物として重要になりすぎない、そこにフォーカスされすぎないという効果が発揮されます。そのため、無名の乗客が、それぞれの生を生きた場としてのタイタニックという空間が、よりいっそう浮かび上がってくるのです。だれかが主人公なのではなく、それぞれが、それぞれの人生をもって集まっていることがひしひしと伝わる。主役の誰かが逃げ延びれば、安心して胸を撫で下ろせるような悲劇ではなく、それは皆のものであるというメッセージが、きっちりとつたわるのはこの演出のおかげでもあるでしょう。

まあ、一幕終わりにキャストが舞台上に立ち、これからタイタニックにおこる悲劇を予感させるシーン。皆が一定の方向に揺られ、傾くシーンで、「そこ、微妙にずれてるから!」みたいなキャストがいたのはご愛敬ということで。あるいは、二幕終盤、自分たちが我先にと避難するのではなく、船室の客に最後まで声かけし続け、その職務に忠実であろうとしたベルボーイに、船長が君はいくつだと尋ね帰ってきた回答に、客席が「え、そんな設定だったのかよ!」とざわめいたのもご愛敬ってことで!

ともあれ、個々の俳優さんたちの演技上手な部分やネタッポイ部分もちらっと挿入され、ファンにも楽しめ、かつ、韓国のミュージカル俳優さんを知らないの、とおっしゃる韓国ミュージカル初心者の方々にも楽しんで頂ける作品なのではないでしょうか。

2018年10月からは、日本でトム・サザーランド演出版が再演されますし、演出見比べなども楽しそう。おススメです!

f:id:pokos:20180121202241g:plain

日本版の詳細は以下に!

www.umegei.com