ミュージカル「タイタニック(TITANIC)」(韓国版・2017‐8年)見て来たよ(1)ー舞台セットの向こうにタイタニックが見える!

ミュージカル「タイタニック」が2017年11月8日から2018年2月11日までシャーロッテシアターにて上演中でございます。一人あたり最大5役を演じる(と、プログラムブックに書かれている)本作品。存在感ある「スター」を中心に配置される大型ミュージカルが得意な韓国ミュージカル界にあって、無名の人々の生き様と、彼らが集まることで生まれる「社会」を描く群像劇のできはいかに?とおもわれましたが。マルチ・ロールとすることで、その匿名性は高まり、それぞれの役割においてタイタニックの中の社会が形成されている様子がうまく描かれておりました。コーラス部分も圧倒的な感動大作。公演期間も残りわずかとなってまいりましたが、観劇して損はございません!見て来たキャストはこちら。

f:id:pokos:20180121140148g:plain

(み、見にくい・・以下、ダブルキャストの配役のみ以下)

トーマス・アンドリュース(設計者):ソ・ギョンス

フレデリック・パレット(ボイラー係):チョ・ソンユン

シンプルだけど空間を最大限に使った演出

今回の演出は初演(1997年)演出のグレン・ウォルフォードでも、2015年日本版でも演出をつとめたトム・サザーランドでもない、エリック・シェーファーによる新演出。新版での韓国初演とあいなりました。エリック・シェーファーは、本公演の制作会社ODカンパニーと、ミュージカル「スウィニートッド」でも組んだ間柄。ここにはODの野望と着実な準備が見え隠れする。

というのも、今回の演出版でODカンパニーは韓国上演権のみならず、ブロードウェイでの上演権もゲット。2018、9年にブロードウェイで上演をおこない、トニー賞でのベストリバイバル賞を狙うのだそうな。韓国ミュージカル制作会社の野望に満ちたチャレンジングな動きが背景にあるのが本作品なのです。そのため、ODの本気が見える舞台とあいなりました。

www.youtube.com

(舞台の様子は、タイタニックのハイライト映像からも確認できます)

本作品では、舞台セットも新たに、タイタニックの「上下構造」がより明確になるよう作りこまれています。シャーロッテならではのボックス席方向に伸びた通路や、舞台中央を錯綜する通路は、時に乗船用の階段、時に船の甲板、そして時にパーティー会場の大階段となるのです。俳優さんたちがそこで演技をすることによって、観客には「む、向こうに海が見える!」と白目でうならせる効果を持つ。絶えず行き交う人々は、出演者の数以上に、タイタニックに乗り組んだ数千名の人々の息遣いをかんじさせてくれるのです。また、タイタニック沈没のシーンは、映画のようにCG使いまくりで描くわけにはいかない舞台上。設計士アンドリュースが、自らひいた図面をみて涙しつつこれから起こる残劇をかたりつくしたあと、静けさと鎮魂のシーンへとうつっていく演出は秀逸でした。パニックを実際に描くのではなく、観客の想像にゆだねることで、ラストシーンが胸に詰まる。またここにも、高さをつかった演出が生きおりました。

映画のようにメインのカップル・主人公にフォーカスした物語ではありませんが、それぞれの登場人物の息遣いが感じられる、素敵な作品でございましたよ! 

(つづく)