ミュージカル「インタビュー인터뷰」(2017年版)見て来たよ-最低2回は見たい作品。

報告が千秋楽直前となってしまいましたが、DOUBLE K.Film &Theatreがお送りする創作ミュージカル第一弾。昨年のプレビュー後、京都・東京・ニューヨークでも上演され、豪華キャストで再演された2017年版「インタビュー」。張りつめた空気の中での110分ノンストップ1幕もの3人劇、みてまいりました。本作品は2017年6月1日から8月20日まで、大学路TOM1館で上演中。今週末で千秋楽を迎えてしまいます。報告がおくれてもうしわけございません。もらったチラシには「世界が認める『大韓民国ウェル・メイド』創作ミュージカルの帰還」とありますが、ここでいうウェル・メイドはわかりやすさの意よりは、構成の妙を指すようで。大学路ミュージカルの演劇部門賞をあげたい!と思う「芝居度」の高い作品でした。見て来たキャストはこちら!

f:id:pokos:20170817184600g:plain

ユジン・キム:カン・ピルソク

シングレア・ゴードン:キム・ジェボム

ジョアン・シニア:キム・ジュヨン

ピアノ:キム・スヨン

ある事件の記憶をたどる心理劇

ミュージカル「インタビュー」は、ある連続殺人事件の記憶をめぐる心理劇。とある事件をめぐる心理劇といって思い出すのは、韓国ミュージカルを代表するあの作品。「ブラック・メリー・ポピンズ」。「インタビュー」をみていると、ふと、ブラメポの記憶がよびおこされる。もちろん、まったく異なるお話なのですが、トーンや世界観、空気感(ってなんなんでしょうね)が似ているのです。おりしも劇場はTOM1館(「ブラック・メリー・ポピンズ」上演館)。この世界がお好きな方(私含む)にはたまらん作品でございます。帰りがけに韓国のお嬢さんがたも「ブラメポ思い出したよね」とつぶやいてらっしゃいました。私だけの妄想ではなかった模様。

さてここで、簡単にあらすじを説明しておきたいところですが。この作品、あらすじ説明はオールオアナッシングにしかできない。俳優さんたちのPR動画などを見ても、役どころの自己紹介すら困難な様子。そう、自分の演じている人物が誰なのか、ということ自体がトリックとして物語にくみこまれているのでございます。

www.youtube.com

(「マット・シニア役の・・」と言った瞬間「ネタバレじゃ?」とツッコまれるコ・ウンソンさん)

本作品の物語は循環構造をなしておりまして。最初のシーンと最後のシーンは同じ。しかし観客は最初に感じた印象と、まったく異なる意味を最後のシーンに読み込むことになるのです。舞台上でユジン・キム先生がとる行動は全く同じなのに、その内面が全くことなるものとして想像できるようになる。これ、ホントに1度はあらすじを知らないまま見たほうが幸せな作品です。この落差をどれだけ感じられるかが一つポイントになっておりまして。というわけで、あらすじ回は別記事にまとめたいと思います!

3人の俳優さんの演技力対決!

さて、ちょこっとだけネタバレしますが、本作品にはさまざまな人格をもつキャラクターが登場します。そのため、基本的に会話をすすめていく男性2人の俳優さんの関係性も、場面ごとに変化していく。そしてそれが真なのか偽なのか、観客が混乱させられるところに面白さがあるのです。ですから、俳優さんたちはその場面で設定された人物・関係性こそが真実であるかのように演じなければならない。この演技にリアリティがなければ、この作品は面白くならない。今回見て来たキャストはカン・ピルソク、キム・ジェボム、キム・ジュヨン。その演技力に疑いの余地なしメンバー。キム・ジェボムさんの「子供っぽいー男前ー狂気」のふりはばを一度に堪能できたりもして、「どのジェボムさんがお好みですか?」と試されているかのようでした。

しかもですよ、このミュージカル。全組み合わせ最高なキャスティングで攻めてきているではありませんか。俳優ごと、組み合わせごとに異なる印象をあたえる鬼配役。ほかのキャスト・組み合わせも見たくなる韓国ミュージカルの王道戦略、回転ドア・ホイホイシステム(勝手に命名)導入済みなのです。MDショップ横の再観覧スタンプ列も長くなるというものでしょう。