ミュージカル「ロッキーホラーショー록키호러쇼 」(2017年韓国キャスト)見てきたよ-まずは準備すべきこと編

ミュージカル「ロッキーホラーショー록키호러쇼」が2017年5月26日から8月6日まで弘益大大学路アートセンターにて絶賛上演中。暑さを吹き飛ばすアツいショー。千秋楽まであと1週間。みなさまもう御覧になられましたでしょうか。これから見に行かれるかたは、ぜひ1階席で。入場の際には、客席入口で配られる月刊ロッキー新聞をかならずもらってくださいね!

f:id:pokos:20170731210348g:plain

(まずは骸骨君がお迎え)

体制を整えて参加せよ!

さて、本作品。劇場に足を踏み入れた瞬間からさまざまな参加企画がはじまっております。そこには、ピロピロ(吹き戻し)を吹きながらローラースケートでうろうろするアンサンブルの方々(ファントム)が。一緒に写真を撮るもよし、追いかけられて逃げるもよし。ともあれ、劇場に入った瞬間から、フルター博士の古城の近くに我々もすでに来ているらしいことを感じる仕掛けなのです。なので、ぎりぎりではなく、少し早目に会場入りするのがおススメ。

タイム・ワープダンスを彼らから習うという楽しみ方もありますよ。ちなみに、タイム・ワープダンスとは、劇中で登場人物たちが踊るダンス。観客も立ち上がり、一緒に踊らされます。カーテンコール時にもダンスタイムがございますので、前方席に座るかたは、万端の準備が必要かと。

www.youtube.com(開演前にくりかえし上映中な練習動画。にわか勉強OK。振り付けを覚えて楽しもう!)

また、MDショップでは、劇中で使用可能な(?)懐中電灯・ゴム手袋・吹き戻しのセットが販売されております。この使用法は、下の図の黄色の部分。

f:id:pokos:20170728215839g:plain

1)懐中電灯:ジャネットとブラッドが明かりを探すシーンで応援のためにかざそう

2)ゴム手袋:フランク・フルターの台詞「ブラッド、もしかして入れ墨ある?」に合わせて、ゴム手袋をはめよう

3)吹き戻し:フランク・フルターとロッキーの結婚式で吹き戻しをふいて彼らをお祝いしてね

しかし、ゴム手袋はなぜ皆ではめる必要があるのかよくわからないのですが。はい。

では緑部分の指示はなんなのか。特に、OP席および1・2列目に座席をとってしまったあなた。ぜひ上段右の指示を参考に、ブラッドにブレッドをなげようではありませんか。これ、「ブラッドを慰める方法」というイベント。「すみっこでもの悲しく泣いている彼を慰める方法」として、前方席の方々に「手に持てるくらいのパンをブラッドに向けて投げてください」とあります。ブラッドは韓国語表記では「ブレッド」という役名なので、ブレッドにブレッドをあげるということなのでしょうか。舞台上でブラッドがパンを投げつけられるシーンで、観客席からもがんがんパンをなげつけましょう。・・これって慰めているんですかね。

いやいや、グッズも買わないし、パンも投げないよというあなた。しかしこれだけは忘れてはいけない「雨を避ける方法」。上段左側の指示です。ブラッドとジャネットが防雨にあった時、みなさんも「月刊ロッキー」を頭にのせてね!とあります。そう、このミュージカル、1階に雨が降るのです。・・といっても、ファントムたちが客席におりてきて、基本的には霧のようなシャワーを振りまくだけなのですが。が、通路側座席の人、ファントムたちに狙われちゃったお客さんは結構な雨量。「月刊ロッキー」1枚では防ぎきれない可能性も。念のため2-3枚もらっておくのも策かもしれません。さてみなさま、ダンス準備OK、雨よけOK、パン・ピロピロ・ゴム手袋・懐中電灯OK。ではまいりまSHOW!