ミュージカル「ナポレオン」開幕!・・にちなんで、脂肪ちゃん(지방이)を紹介してみる

アジア初演となる、ミュージカル「ナポレオン」が2017年7月13日~10月22日まで蚕室のシャーロッテシアターにて上演されております。絵画のようなポスターが期待感を高めている本作品。セットも豪華らしい。皆さまもう御覧になられましたでしょうか。

で、本当にどうでもいいことなのですが、この、ミュージカル「ナポレオン」のポスターを見たとき思い浮かんだのが、ソウルの地下鉄に乗っているとよく見るアレ(本当にごめんなさい。下の画像のポスターの印象が強すぎまして・・)

f:id:pokos:20170714171955p:plain

(肥満、不可能はない・・の台詞付、ペポレオン)

このナポレオンならぬペポレオンのほかに、ベートーベンならぬペートーベンとか、ファラオならぬ、ペラオなどさまざまな偉人(?)が登場しており、ついついコンプリートしたくなるバリエーション。韓国語の「빼다(引き抜く・取り出す)」が、この広告の主眼にあります。というのもこのポスター、脂肪吸引手術をおこなう肥満・体型治療クリニック、365mc病院(365mc 병원·비만클리닉)の宣伝なのです。しかも、イム・シワン出演の動画もある・・。

www.youtube.comナポレオン(ほかもろもろ)に扮している(?)キャラクター、それがこのクリニックのゆるキャラ「脂肪ちゃん(지방이)」。マイクル・リーかハン・チサンか、といわんばかりの人気者、昨年くらいからめきめき存在感を増してきた脅威の大型新人なのです(無理やりミュージカル色をまぶしておく)。

(安全、顧客優先、医療品質を原則とするのがモットーらしいクリニックを宣伝する脂肪ちゃん)

f:id:pokos:20170714175732g:plain

ちなみに、クリニック公式設定(上の画像)では、以下のようにキャラ設定がされております。もともとこのキャラの制作者は、もっと邪悪な悪人キャラを創ろうとしたらしいのですが、ちょっとキュートないたずらっこでおちついたのだとか。

 

名前:脂肪ちゃん

誕生の背景:たーっくさん食べて、動くのはちょーっと。筋肉がなくなって脂肪がついて誕生する、悲運の悪童。

スタイル:へこむところが出て、出るところがへこむ完璧なDラインの妖怪

食習慣:タンパク質はNO-。炭水化物好き!脂質は完璧にラブ!偏食家

特技:長く取り付き、失った主人を探し出す

超能力:人の心を動かし、脂肪ちゃんスタイルのDラインへと人の体を改造

 

とはいえ、この脂肪ちゃん。クリニックキャラクターとしての下積みはながく、2012年から非売品グッズのキャラクターとして、クリニックの認知度向上のため、こつこつと活動をおこなってきた模様。脂肪を吸引しに来た人に脂肪のキャラクターを渡すこのウイットに富んだスタイルは、2016年にUFOキャッチャーの景品としてぬいぐるみが(勝手に)制作されると、クリニックの専属をはなれて急速にブレイク。そこまで人気がでると考えられていなかったため、キャラクターの作者もクリニックも、著作権や特許・商標権対策があまかった模様。脂肪ちゃんは誰のものか?が争われております。

・・・とりあえず、私の腹にもついてらっしゃいますけれどね。