韓国創作ミュージカル「MATAHARI(マタハリ・마타하리)」日本キャスト版上演決定!ですってよ。

第一次世界大戦中、フランスとドイツのダブルスパイとして処刑された美貌のダンサーを主人公とするミュージカル「MATAHARI(マタハリ마타하리)」。現在韓国では、2017年6月16日~8月6日まで世宗文化会館にて絶賛上演中。本作品は韓国のミュージカル企画会社EMKが「世界にライセンス販売できるミュージカルを作る!」という野望にもえて制作したミュージカルでございます。昨年度からさまざまな韓国内のミュージカル賞を受賞してハクをつけ、このたび、めでたく日本に売れたことが明らかになりました。ヨカッタねオム代表(EMKの代表。もちろん面識はない)。でもまだ再演版は見に行けてません!

f:id:pokos:20170714140035j:plain

加藤和樹さんがラドゥとアルマン両方を演じるとな)

現在韓国で上演中の「MATAHARI」は2016年に続く再演版。PLYDBの記事(공연의 모든 것 - 플레이DB)にその変更点などがまとめられているのですが、今回、曲の追加、派手なセットによる勢い演出よりもじっくりドラマを描くことへのシフトなどが試みられたようす。たとえば、観客がキャラクターの人生への共感度を高められるようにする、という意図のもと演出がなされた、とか。マタハリ・アルマン・ラドの三角関係をよりスリリングに描けるよう駆け引きの要素を加えたとか。

確かに去年は立体小部屋配置あり、回り舞台あり、飛行機離陸あり、大型ミュージカルの売り演出を全部やりますよ!みたいな盛りだくさんなところがございました。さらにはワイルドホーン節がききまくった歌い上げ曲の連続で、かつみんなものすごく歌えるメンバーぞろいだったがために、見終えるとものすごくハイになるし満足感をえられるのですが、ある意味おなか一杯過ぎてぐったり消耗するほどでした。エネルギーに満ち溢れすぎていて逆に吸い取られるといいましょうか。とりあえず、フォアグラとステーキに松茸とトリュフもトッピングしといたよ!あ、燕の巣もいる?みたいなサービス精神にあふれていた。

それが、もう少しすっきりしたもよう。

とはいえ、冒頭、マタハリ役の俳優さんががんがん本気で踊るダンスシーンもなくなったようで。オク・チュヒョンさんたちのムッチリナイスバディが露出するセクシー衣装にドキドキできなくなったのは残念といえば残念です。

(妖艶さをこれでもかとアピールする冒頭ダンスシーンの衣装)

最後の処刑シーンの衣装も黒に変更されたとのこと。初演において、あれは赤であることに意味があった・・と思ったので、ここに至る流れが相当変更されたのかもしれません。

ともあれ、日本版キャストで、このアツイ・主張ガリガリな人々が繰り広げる濃ゆい韓国風味がどのように調理されるのか。とても楽しみです。お色気むんむん(MATAHARIはむんむんな役です)な柚木さん・・た、楽しみすぎる!

ちなみに、EMK社長について熱く語った記事はこちら。

pokos.hatenablog.comマタハリのラストシーンへの、奇妙な思い入れを語った記事はこちら。

pokos.hatenablog.com

ちなみに、2017年韓国オリジナル「MATAHARI마타하리」の予告はこちら。え、十分今回もこってり系じゃないかって?

www.youtube.com