小ネタ-ミュージカル「ヘドウィグ」韓国キャスト・2017年、マイクル・リー様は英語でトーク??

ミュージカル「ヘドウィグ」、2017年・韓国キャスト版が2017年8月18日~11月5日まで弘益大大学路アートセンター大劇場にて上演予定でございます。現在インターパークチケットにて単独販売中でございます。

今年のヘドウィグには、オ・マンソク、ユ・ヨンソク、マイクル・リー、チョン・ムンソン、ジョ・ヒョンギュンがキャスティング。これを見たとき、マイクルは何語でトークを繰り広げるのであろうか?と疑問が浮かびました。ご存じの方も多いとは存じますが、ミュージカル「ヘドウィグ」は、彼女/彼のつぶやきともいえるような語りによって展開する劇。「語り」の部分が多く、さらに客いじりなど即興的なやりとりも少なくない。ほぼ一人劇のおもむきなのです。いつのまにやら、マイクルさまはこれを韓国語でできるほどに修行(?)を積まれたのであろうか?

f:id:pokos:20170709200326p:plain

とおもいきや、彼の回は原語(英語)公演となる模様。チケット販売ページの公演観覧案内には「マイクル・リーの公演は別途字幕なく英語で行います。チケット購入時にはご注意ください」との記述がございます。欧米か!(古い)。

f:id:pokos:20170709204506g:plain

f:id:pokos:20170709204519g:plain

現在オープンしているチケットは9月10日まで。その間にマイクル・ヘドウィグは赤で囲まれた部分の4公演のみ。特別公演というような位置づけになるのでしょうか。ともあれ、今季、会場の笑いには、時差が生じること必至!

※マイクル・リー(Michael Lee)俳優は、スタンフォードで心理学を学んだ異色の出自をもつ韓国系アメリカ人のミュージカル俳優さんです。ブロードウェイでもミス・サイゴンなどに出演。韓国でも「ジーザス・クライスト・スーパースター」や「ノートルダム・ド・パリ」でその透明感ある歌声を披露している。2016年からはJTBCで放送中の「ファントムシンガー」にプロデューサーとして参加中。・・って、ご存じのかたには蛇足でございますが。基本的に会話は英語な俳優さんなのでございます。