読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル「スリル・ミー」(韓国キャスト、2017年10周年版)見て来たよ-ようこそ妖精の国へ、カンピルソク・イユル編(1)

10周年記念の豪華キャストで繰り広げられているミュージカル「スリル・ミー」ソウル公演がのこり一カ月を切りました。2017年2月14 から 2017年5月28日まで、ベガムアートホールにて上演中。いやだー、おわらないでー、とすでに叫んでおられる方々も少なくありますまい。ここからチケット入手はますます困難になるとおもわれますが、とりあえずこのペアの感想を言わずにおれますまい!

f:id:pokos:20170505230626g:plain

私:カン・ピルソク

彼:イ・ユル

ピアノ:オ・ソンミン

清らかな乙女のような

後日書きたいと思うのですが、チョン・ウクジン、チョン・ドンファペアがフェロモン垂れ流し、エロス追求方向へと進んでいるとすれば、それを極限まで隠し、男の友情を描く(ように見えてしまいさえする)のがウン・ム(チェ・ジェウン、キム・ムヨル)ペアだったとしましょう(勝手に)。この二つの極をおいてほかのペアを線上に配置していくとそのペアの特色が見えてくる。そのようにわたくしは理解しておりました。

が!さすが10周年。韓国「スリル・ミー」の可能性は、たんなる直線状の点に回収できるようなものではなかったのでございます。妖精(カン・ピルソクさんの愛称・・というか)投入によって「スリル・ミー」はなんと「百合」でもありうることが証明された・・・気がする(気のせい?ええ、たぶん病。生暖かく放置ください)。

カンピルソク・イユル、通称ヨ・ユル(ヨチョンニム:妖精様×イユル)ペア。「百合」などと申しましたがもちろんカックイイ男子二人に演じられ、惚れぼれすることは間違いない。しかしなんといいましょうか。純潔(じゃないけど)や儚さ、脆さ。にもかかわらずそこに覆いかぶさる残酷さのようなものが、このペア、というか妖精に導かれたこの世界に充満しておりまして。それはなんだか「少女性」と表現するのがもっとも適切なような気がしてくる残劇加減なのでございます。なのであえて「百合」といってみました、キャッチ―に(ごめんなさい)。

イ・ユルさんの「彼」は、盗んできたカバンの内容物チェックの際にも、ぽいぽいグッズを放り投げたりしない。きっちり並べ立てて「ほしいものがあったらいってね」という礼儀正しいふるまいなのです。ワルぶって火を持てあそぶさまも控えめで、たばこは吸わない健康優良児(?)。「私」を突き飛ばした後、ちょっと「あ、こわれちゃったらどうしよう。大丈夫かな、オロオロ」と不安になったりするためらいっぷりが見られます。犯罪を犯して一瞬は興奮するも、その興奮の陰にはつねに不安そうなそぶりも見えたりして。「彼」新機軸!弱さをぎりぎりのところで隠そうとする不安定な「少女性」がそこにすけてみえるではありませんか。あと一歩押したら崩れそうな「彼」。ぐあー、意外にこれはヤラレル!

この「彼」は、妖精様の、やはりもろく崩れ落ちそうな「私」と呼応しながら、あらたな「スリル・ミー」の地平を観客に突き付けるのですよー。

(続く・・)