読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル「スモーク」(2017年版)感想(2)-演劇的面白さがつまった小劇場ミュージカルの極み!

ゴールデンウィークももうすぐ終わり。しかしもしかするとGW後のソウル観劇旅行を計画されている方もおられるやもしれません。そんな方々におすすめしたいのが、2017年3月18日から5月28日までユニプレックス2館にて上演中の韓国オリジナル創作ミュージカル「スモーク」。ということで、感想(にまでたどり着いていない作品紹介の)続きとまいりましょー。

f:id:pokos:20170505192036g:plain

(見にくいですが、キャストボードの一部拡大)

「スモーク」のキャストボード横には李箱の詩「烏瞰図第15号」の一部が引用されています。詩心なく直訳すると以下のような文章。ミュージカル「スモーク」は、ここに描かれた、「鏡の世界」で物語が繰り広げられるのです。

私は鏡のない室内にいる

鏡の中の私はやはり外出中だ

私は今鏡の中のわたしを恐れ震えている

鏡の中の私はどこかに行き

私をどうにかしようと企んでいるところだろうか

あらすじ紹介(前半部分)

ミュージカル「スモーク」の物語は、囚人服を着せられた男にスポットライトがあたるシーンから始まります。今回キム・ジェボムさんが最初のシーンに登場したため、なんだか「スリル・ミー」感が半端なかったりもして。脳内「スリル・ミー」汚染度の深刻さに気付かされもしました。・・ともあれ。

彼は病を患っているらしい。そして彼の耳には数々の彼の作品を非難する声が聞こえているようだ。彼は何かを決心して、部屋を飛び出す。

舞台はかわって、男二人が女をさらってきたらしいシーンが展開される。最初のシーンに登場した男は(今回はキム・ジェボムさんが演じる)「チョ」と呼ばれ、もう一人(ユン・ソホさん)は「ヘ」と呼ばれている。彼らは「海」へ行くために女をさらい、人質として身代金を請求しようとしているのだった。女は三越百貨店の娘であるとされているのだが。はたして彼らは何者で、なぜ海へ行こうとしているのか?ミステリー仕立てに物語は始まります。

チョは「彼らがいる部屋」身代金を要求するために外へ出かけるさい、ヘに向かって女と話しをしてはならないと言い残します。しかし、チョが出かけると、心優しいヘは、苦しそうにせきこむ女を見かね、彼女のさるぐつわを解いてしまう。そこに吐血の跡を認めたヘは、彼女がチョ同様、肺の病に脅かされているらしいことに恐れを抱きます。彼女の体を案じるヘ。言われるがままに目隠しを、そしてついには手の縄をほどいてしまうのでした。

ホンと名乗るその女はヘを見て、自分のことがわからないのかと尋ねます。しかしヘに覚えはありません。なぜ自分を誘拐したのだと問われると、それはチョと自分が「海」へ行くためだと答えます。「海」にいけば自分は好きなだけ絵を描き、チョは詩を書くことができる。海は河と異なり凍ることがない。雄大な海。二人は海について語り合い、その場を夢見てヘとホンは楽しくダンスをおどりはじめます。心の通じ合う二人。そこへチョが戻ってきます。女と話すなと言ったにもかかわらず、女と心通じ合わせている様子に憤るチョ。その場を取り繕おうと女はコーヒーを淹れふるまいます。それを飲んでねむってしまう「へ」。睡眠薬が入っていた様子。

眠ってしまったヘを挟んで向き合うチョとホン。ホンー女はチョのことも知っている様子です。彼女は三越の娘ではありませんでした。女は、チョはどうしても自分と一緒にいたいのでしょう、と言います。チョは、自分たちが「海」へ行くため、彼女が必要なのだと認めます。それはヘもわかっているはずだと。はたして「ホン」とは何者なのか。なぜ彼らは「海」にいくために彼女を必要とするのか。謎は深まるばかり。

やがてーー、目を覚ましたヘは、次第に記憶を取り戻し始めます。貧しい両親に里子に出され、周囲を気にし、絵をやめ勉強することにした子供時代。文章を書き始めた記憶。そのときの苦しみや苦痛、そして絶望。それとの付き合い方さえも。その後、発表した作品が人々に非難され続け、死を選ぼうとしたとき、「女」が常に文章を書かなくても生きていけるのではないか、あるいはもっと人々にわかるように書けばよいではないかと自分を引き留めてきたことも。この「女」-ホンは、記憶の中で思慕し続けた母のようでもあり、彼を愛し、現実の生活を支える女のようでもあり、そうした彼にとっての「母性」すべてを象徴しているようでもあります。

記憶を取り戻し混乱するヘ。彼が再び死を選ぼうとしたそのとき「女」はやはり彼を必死でひき止め、いっそ自分を殺せと叫ぶのです。チョはそんな「女」に銃を向け、無常に引き金をひくのでしたーー。しかし。

 

・・・超長いので続きます!