ミュージカル「ビースティ」(2017年版)みてきたよ(1)-韓国のホストクラブに擬似潜入体験?

ミュージカル「ビースティ」(2017年版)見てまいりました。2017年2月24日から、5月7日まで、大学路のデミョン文化工場1館にて上演中。100分一幕もの、13歳以上観覧可。このレーティングの基準がたまに不思議になる今日この頃。「ザ・デビル」が16歳なのに、なぜこちらは13歳なのか。ほんとにそれでいいのか。ともあれ見て来たキャストはこちら!

f:id:pokos:20170414161029g:plain

マダム(イ・ジェヒョン):チョン・ドンファ

エース(キム・ジュノ):ジョン・ミン

ホスト(アレックス):ペ・スンギル

ホスト(カン・ミニョク):ソン・ユテク

ホスト(イ・スンウ):キム・デヒョン

映画とは違うストーリー(ネタバレ成分高めです!)

ユン・ゲサン主演の韓国映画に「ビースティー・ボーイズ」というのがございます。清潭洞(チョンダムドンのホストクラブを舞台にした物語。ん、これのミュージカル版かな?と一瞬おもうのですが。実際、ミュージカル「ビースティ」は2014年の初演時には「ビースティー・ボーイズ」と名付けられており、より映画原作感が強かった。とはいえ、映画のタイトルとホストクラブの物語という要素をふまえているだけで、お話それ自体は異なります。2016年の再演(トライアウト)では、タイトルも「ビースティ」に変更され、より独自性を高めての2017年版。ホストクラブのバックヤード、密室的空間でおこる、5人の男たちの緊張感あふれるやり取りが魅力のミュージカルです。

物語は、と言いますと。舞台はオーナーホスト(韓国ではこれをマダムと呼ぶのでしょうか。ホストたちは彼をマダムと呼びます)イ・ジェヒョンが経営するクラブ・ギャツビー。そこで働くのは、初恋の女性を探しもとめ純愛に生きる男、エースことキム・ジュノ。病気の娘の手術費用を稼ごうとするアレックス。俳優になる夢のために一時的にホストに身をやつすミニョク。そこに父の借金を背負ってホストになることを選んだスンウがやってくる。

ジュノが探し求める女性は、実はマダムの妻。娘のため、夢のため、父の借金を返して元の生活に戻るためにホストたちが求めるのは金。クラブ・ギャツビーに集う彼らが欲するもの、それをすべて握っているのはマダムことジェヒョンなのです。それがわかっていて、彼らを絶対的な力で支配するマダム。その支配から抜け出せないホストたち。

マダムは彼らがホストをやめないようにスンウにジュノを監視させ、ミニョクをそそのかしてアレックスの夢をくじくなど、ホストたちの欲望、あるいは弱みに付け込んで彼らが変化しないように、ここにみんなでいることを選ぶように仕向けるのです。

しかし―――。ぎりぎりまで追い詰められたホストたちは、ついにマダムに対する狂気の中、お互いを傷つけあうことになるのでした――。破滅を迎える、クラブ・ギャツビー。ではなぜ、そもそも彼らはマダムの恐怖と暴力による支配を許容することになったのか。最後のシーンで、愛情と暴力の恐ろしくも悲しい両面性が指摘されるのですが。この最後のシーン。涙鼻水駄々漏れですよ!

 

さて、このストーリーをどんな関係性として描いていくのか。韓国ミュージカルらしい、妄想可能性マックスなストーリー解釈については、続きにて!