ミュージカル「スリル・ミー」(韓国キャスト、2017年10周年版)見て来たよ-伝説はダテではない!チェ・ジェウン、キム・ムヨルペア編(3)

フォトブック、OST絶賛発売中の韓国版「スリル・ミー」。フォトブックのヒモをほどいたらもう二度とかわいく復元できないとうわさの韓国版「スリル・ミー」(単に不器用)。2017年2月14日~5月28日まで、ベガムアートホールにて上演中でございます。ぼちぼち前半ペアの千秋楽もせまってきております。みなさまベガムアートには足を運ばれましたでしょうか?

ーー大変ながらくお待たせいたしました(え、誰も待っていない?)。まもなく「韓国ミュージカルライフ」、第三幕開演でございます――ということで。なかなか記事がまとめてかけない今日この頃。かなり間延びいたしましたが、伝説チェ・ジェウン、キム・ムヨルペアの感想。しつこく続きを書いてまいりたいと存じます。

f:id:pokos:20170314233808g:plain

(2007年初演時ポスター。ホラー映画か!)

 「彼」の若さゆえ・・が伝わってくる

 さて、阿吽の呼吸、オシドリ夫婦なウン・ムペアですが、キム・ムヨルさんの「彼」の魅力にも迫ってみたい。今回のムヨル・リチャードは中二病をこじらせた若者。しかも下手に頭が良いために「俺って超人(Byニーチェ)じゃん!」に微妙に回りもツッコめないでいる(たぶん)痛いやつ。考えてみれば、劇中での「彼」の設定年齢は20とかそのあたり(だったよね)。妙にスマートで大人びたふうな「彼」が少なくない中、人間のできてなさが実にガッツリと表現されたムヨル・リチャードは、原作イメージに最も近いというべきなのかもしれません。

だから、でしょうか。弟を殺すことを思いついたときの曲「The Plan」が、今回なんだかとってもしっくり腹に落ちた。もし弟を殺したら・・・と妄想する歌詞が展開するこの曲。もし弟を殺したら・・遺産が全部俺のものとか、父親はおかしくなるだろうとか、いろいろな状況があげられるのですが、その一つに「弟を殺せば、広い部屋が使えるようになる」という部分があるのです。いつもこの部分を聞くと、ダンディな「彼」がなぜそんなに部屋の広さにこだわるのかと違和感を抱かずにはいられなかった。しかし、ムヨル「彼」は違う。こいつなら言うだろう。根本的に小学4年生男子くらいのメンタリティに中二病が宿ってる20歳。今でも弟におもちゃ取られたのを根に持っていそうな「彼」・・。奇妙な納得感があるのです。

この役作り実にニクイ。じわじわ後半にきいてきます。

残酷な天使のように

「スリル・ミー」という作品では、後半二人が収監された際に「彼」が(「私」には気づかれていないと思いつつ)不安感を吐露する曲「Afraid」があります。演技プラン鉄仮面系「彼」や野獣系「彼」、DV「彼」であればその落差が一つの見せ場となるわけで。もちろん、このシーン直前の留置所での「彼」から「私」への懇願を踏まえてのここのシーンは注目ポイント。はい、ここね、大事なところです。というか、前後どこもかしこも重要ポイントでラインマーカー引きまくりですけれども!

話を戻しますと。とりつくろうことを忘れた「彼」の「怯え」を、実はしっかり聞いている「私」。この時「私」がどんな反応を見せるのか。「彼を崇拝していた私の絶望」なのか「とりつくろえなくなった彼を知ってしまったばつの悪さなのか」「彼にそんな吐露をさせてしまったことへの自戒なのか」などなどのバリエーションによって、無限に「彼」と「私」の関係性を妄想することができる。さらに言えば、この流れがあってこその「99年」(護送車のなか)での「私」の告白。この物語の核となるシーンなのです。「彼」の怯えを知ってしまった上で「私」は「彼」に事実を「どのように」告げるのか。最大の見どころがやってきます。

ウン・ムペアの「99年」シーンは超泣けました。それは、ムヨル「彼」が「Afraid」で子どものように泣き崩れ、そのことに胸が張り裂けそうな「私」という流れ、前フリあっての緊張感。なんでもないように軽口をたたきあう二人。「彼」にしてみれば、留置所での懇願へのばつの悪さと、「私」への期待がそこにあるのでしょう、そしてそれを「私」はわかっているということも、観客にはつたわってきます。この空気感がたまりません。「私」、辛すぎる・・!この「私」の辛さを理解できない「お子ちゃま」なムヨル彼がこのシーンを引き立たせもします。告白を通じて、「私」は「彼」との何を失ってしまうのか、そのことを「私」は、あの時、そして今、どのようにとらえているのか。最終シーンにつながるこのくだりが、ムヨル「彼」の役作り効果もあって、「私」の切なさを一億倍増しにするのでございます。もう、二人とも抱きしめてあげたくなりますよ(殺人犯だけどね!)。

ペア千秋楽は4月9日ソワレ

伝説のウン・ムペアのペアマッコン(千秋楽)は4月9日の6時公演。もちろんすでに9日のチケットはマチネもソワレも売り切れ中ではございますが。未見のかたは是非ウン・ム伝説ペアでの観劇をご検討ください。強く、強くお勧めしておきたく。本家という基準点あってこそ、さまざまなバリエーションが、より一層楽しめること請け合いなのでございます。