読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル「スリル・ミー」(韓国キャスト、2017年10周年版)見て来たよ-伝説はダテではない!チェ・ジェウン、キム・ムヨルペア編(2)

ミュージカル「スリル・ミー」もう御覧になられましたでしょうか。OSTは販売と同時に長蛇の列が生じ、そしてあっという間に第一次入荷分が売り切れたというすさまじさ。韓国版「スリル・ミー」2017年2月14日~5月28日まで、ベガムアートホールにて上演中でございます。地下階の劇場入り口には10周年記念(?)歴代キャスト一覧表も設置されておりまする。f:id:pokos:20170308224736g:plain

さて、前回まえフリだけで肝心の感想までいきつかなかったチェ・ジェウン、キム・ムヨル(ウン・ム)ペアの観劇記、続きとまいりましょう!

呼吸さえ浅くなる緊張感

「伝説のウン・ムペア」はまさに韓国スリル・ミーの総本山。元祖あるいは本家というにふさわしい、セクシャルなモノが極限に隠蔽された(だからこそ、実は強烈にセクシャルな)男同士のアツイ絆。韓国映画が得意とするような、オッサン同士のもやもやした阿吽の呼吸が見事に表現されていたように思えます。二人はまさに対等な力関係で幼いころからの同士でもある。でももちろん、そこには社会的に言われる「友情」以上の何かがあることが両者に自覚されているのです。そして、彼が私を試したり、それをわかって許容したりする「ゲーム」が彼らの間には成立している。まさに「共犯関係」にある二人。

そんな緊張感あふれる駆け引きが根底にある中での一場、バードウオッチングからの流れ、「彼」登場時の「私」の反応が秀逸なのです。純粋に彼が待ち遠しく、彼に合えたことがうれしすぎる様子が「私」からあふれる中に、「私」が彼とのやり取りの中にドキドキしている(恋のトキメキだけではなく、何らかのスリル。だからこそのセクシャルなドキドキ)様子が紛れ込んでいる。ここ、チェ・ジェウンさんの表情、声、間がうまい。そしてそれをうけるキム・ムヨルさんの「ちょっとアホっぽいヤンキーなボンボン」リチャードも絶品。この作品は、最初のシーンで表現された二人の関係が、後半の流れを決定してしまうともいわれているのですが、もう、二人の演技プランは完璧だと思われる。この最初あっての、最後の台詞「スリル・ミー」なのです。この流れが自然。だって出会った瞬間それ確認してたよね!と実感できる。そしてだからこそ、「너무 멀리 왔어Way Too Far」が染みるのです。もう・・ね。もう、見てください!!!と叫ぶほかない。

ジェウン「私」の良妻ぶりとムヨル「彼」のアホぶり

・・ちょっと冷静さを取り戻しまして。

このペアでまずもって心奪われるのはチェ・ジェウンさんの「私」キャラ。サイコでもワンコでも魔王でもない「本家」スタイルとはこのことか(サイコも魔王も好きだけれど)。まさに「共犯者」として「彼」によりそう「私」なのです。最初の場面でリチャードがたばこをくわえ火をかせと「私」に言うシーン、ここはペア事の解釈がかなりわかれており、二人の関係性がよく見えるのですが。チェ・ジェウン「私」は背後で完璧にマッチスタンバイオッケー。「彼」がタバコ吸うかもという空気をかもしたとたん、身についたものとしてすごく自然にマッチを差し出す「私」。この絶妙な間が二人の特別な歴史を感じさせる。しょっぱなからやらかしてくれますよ。この後、「私」が皆がリチャードを望んでも、「私」ほどではないと歌うのに納得しまくりです。私もそう思ったよ!と観客たちは心の吹き出し(音楽・演劇マンガ的表現)で叫んだことでしょう。きっと。

さて、できた妻にはえてしてアホ旦那が似合うというのが物語の常(?)。ウン・ムペアもこのセオリーに違わない。キム・ムヨルさんの「彼」はまさに「ガキ」。火付けで興奮しているときに上着を半脱ぎして「かもーん!」な様子を見ると、「おいおい、落ち着けよお前」とたしなめたくなる子どもっぷりなのです。それをニコニコ見守り、かつ自分も結構楽しんでいる「私」。もう、勝手に二人でよろしくやっておいてください!とみてるこっちが照れちゃうほのぼのラブ(いや、放火シーンなのですが)。もちろんその背景には、犯罪によってエクスタシーを得ている「彼」、それをみてさらなるエクスタシーを感じちゃう「私」という構造も見え隠れする。た、たまらん・・と、それぞれの表情をオペラグラスでガン見すること間違いなしなのです。

 

と、まだ前半の感想しかかけておりませんが。時間切れ!ということでこの感想はまだ続くのでありました!ひゃっほー(変なテンション)。