読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル「フランケンシュタイン」(2017年・日本キャスト)見て来たよ-カトリーヌの「やりきれなさ」度アップ!が切ない

フランケンシュタイン フランケンシュタイン(日本キャスト)

ミュージカル「フランケンシュタイン」日本キャスト・初演版を見てまいりました。2017年1月8日に日生劇場(東京)にて幕を開け、2017年2月2日~5日に関西(短い!)、10日~12日に福岡(やっぱり短い!)、17日、18日に名古屋(超みじかすぎるでしょう!)で千秋楽を迎えます。私はと言えば、関西上陸を今か今かと熱望しておりましたが、勢いあまって実は東京にも出没しちゃったりもしてしまいました。いまだ興奮さめやぬ日々。もえる想いが煮詰まって焦げ付いております。ああ東宝ホリプロ様、なにとぞDVD、いやせめてCD出してください!

ということで、しばらく、ミュージカル「フランケンシュタイン」の魅力について、熱(くるし)く語っていきたいと思います。この情熱(妄想?)をぶつけさせてくださいー。以下もろもろネタバレもございますので、未見のかたはご注意ください。

ミュージカル「フランケンシュタイン」

(福岡に行きたい・・。)

ジュリア/カトリーヌの存在感アップ

さて、日本版フランケンシュタインで印象的だったことの一つが、女性キャラ、中でもジュリア/カトリーヌの存在感アップ。韓国版(の再演)ではジュリアは結婚すらしないまま死んでしまいますからね・・。ヒドイ。しかし日本版では、ジュリアとビクターの心のやり取りが(大人になってからの関係においても)描かれることで、ビクターが「大切な人を失っていく」流れが際立ったのでは、と感じました。ジュリアが怪物に殺されてしまうシーンからの「後悔」が生きたといいましょうか。韓国版では、「いや、君がもっと大切にしておいてあげたらよかったのでは。そもそも。」というツッコミをいれてしまいそうになったからね。

また、ジュリアが彼の姉エレンと共にビクターを支え「人を信じる」ことを貫くキャラとしてくっきり描かれたからでしょうか、おなじく音月桂さんが演じる、闘技場の下女カトリーヌの、「人が信じられない」キャラも明確になったように思います。役替わりの効果をとても強く感じられた。

その結果、カトリーヌのキャラがより(個人的に)好みなキャラになったな・・と、ニンマリ。韓国版のカトリーヌは、原曲のキーが高いこともあるからでしょうか。彼女の歌う「生きるということは(산다는 것)」弱者としての悲しみがより強く出ていたような気がするのです。彼女の悲鳴のように聞こえる曲と言いましょうか。これはこれで、胸に刺さる。(アン・シハさんの「生きるということは」の映像は以下)。

www.youtube.com

他方、音月カトリーヌはややキーを落としての歌唱であり、カトリーヌのしたたかさ、欲望、生きることへの執着のようなものを強調する音月さんの演技に曲がすごくマッチしていた気がします。カトリーヌが捨てきれない生への執着。死がすぐそこにあるからこそ湧き出てくる生きることへの渇望が、人間の業を感じさせやるせなくなるのです。そう、カトリーヌはあくまで怪物が出会った「人間」の一人なんだよね!と実感できたのでした。

「俺は怪物」で彼を抱く夢の中の人物とは?

さて、このことと関連して気になった点。2幕、闘技場でぼろぼろになった怪物がその復讐心の目覚めを歌う曲「俺は怪物」を涙ながらに聞いていておりますと。この曲の最後のパート、怪物が夢の続きを見たいと切望する「誰かの胸に抱かれる夢」の部分がひっかかりました。うむ?これ、日本版歌詞では(記憶があいまいなのですが)女性をイメージさせる歌詞が含まれていませんでした?しかし韓国版を見たときには、私はむしろ1幕の「君の夢の中で」とのリンクを感じ、「怪物が生まれた瞬間のビクターの記憶」なのかな?と思った記憶が。よし、確かめてみよう。ということで、ハン・チサン怪物召喚!びびでばびでぶー。

(ハン・チサン怪物版の「俺は怪物」をどうぞ!最後の部分です)

www.youtube.com

うむ。韓国版「俺は怪物」では、怪物が抱かれたのは「포근한 가슴あたたかな胸」となっていますね。性別は不明といえましょう。

日本版歌詞が(私の記憶違いではなく)女性の胸に抱かれたことを暗示しているのだとしたら。ここは「カトリーヌ」との「そこには・・」(クマ・オイシーのあたり)でのやり取りを指すと推測されるではありませんか。つまり怪物を抱くのはカトリーヌ。怪物はあたたかな母性を一瞬手に入れたかに感じたのですが、それはあくまで夢にすぎず、結局「人間としてのカトリーヌ」は夢を見続けさせてくれる存在ではなかった、というふうにお話がつながるのかな、と。このように考えると、カトリーヌの存在感が半端ないですね!日本版。

歌詞が勘違いだったらこの仮説は棄却ですが・・。確認したいのでDVDだしてください、東宝ホリプロさん(しつこい)。