世宗文化会館近くで何食べよう?-劇場スタッフも来るかも?「カンジャンチップ」でテンジャンビビンパッ

劇場周辺グルメシリーズ。今回は世宗文化会館編でございます。世宗文化会館の位置する光化門周辺には、少し歩けばおしゃれな北村エリアも、最近注目されてるレトロ(でも素敵な店多数)な西村エリアもありますので、特に困ることはないのかもしれませんが・・。

結構直前に到着、北村や西村に移動している時間なし。でももう海苔巻きでは満たされない!という時におススメなのがこのお店。世宗文化会館の裏、ロイヤルビル地下食堂街に位置する「カンジャンチップ」なのです。この食堂街、基本日曜日は休みのお店が多いため、そとからのぞくと暗がりが広がっていることがございます。足を踏み入れるのに一瞬躊躇するやもしれませんが、ご安心を。このお店は旧正月と秋夕(韓国の旧盆)にお休みはありません。ただ、日曜日は「クレジットカード使えません。現金で支払ってね」と言われる率が高い気がするので、ご注意を。

f:id:pokos:20160822124153g:plain

看板メニューは?

一番人気はメニュー表の一番上にかかれている「カンジャン깡장」。いわゆるテンジャンビビンパップです。コチュジャンの代わりにちょっと煮詰つまったテンジャンチゲのようなものが出てきて、それを具材のはいったボールにかけ、ごはんもいれてまぜまぜし、食します。というか、この「カンテンジャン」をのばして作るのがテンジャンチゲ、というのが本来の順序なのですが。

f:id:pokos:20160822124211g:plain

(写真右端にあるのが「カンジャン」。これを中央のボールにいれ、ごはんも投入)。

ちょっと塩気が多いので、夏の汗だくになった日の夕食なんかには最適でございましょう。しょっぱすぎるなーという方は、お友達が一緒なら「卵焼き」などオーダーされてもよいかもしれません。

定食メニューも充実

このお店、基本的にビジネスマン相手の昼飯屋であるため「カンジャン」が看板メニューであっても、ほかの1人用定食メニューにも手を抜いていない。スンドゥブだのテンジャンチゲだのチョングッチャンだのもあり。1人飯応援食堂なのでございます。また、お肉を食べたい人にはトッペギプルコギもおすすめです。

f:id:pokos:20160829210508g:plain

(トゥッペギプルコギの図)

トゥッペギというのは、スンドゥブやテンジャンチゲなど汁物がはいって出てくるあのフタなし土鍋のこと。あの入れ物に甘く味付けされたお肉、プルコギがはいって出てくるのがトゥッペギプルコギなのです。

スタッフの人たちも集う

このお店、世宗文化会館から激近なこともあり、公演時にはスタッフの方々も食事に来られることがあるようで。「モーツァルト!」が上演されていた時にも、「モーツァルト!」Tシャツを着た軍団(中にはアンサンブルの方も、メイク済みのまま食事に来られてました)が、卵焼きとチゲをがっすがっすと召し上がっておられました。こんな開演直前に食事っすか!しかも結構辛そうなスンドゥブとかも食べちゃうんですか(特にアンサンブルの方・・!)と思いもしたのですが、まあ、ここからが長丁場なんですものね。みんなの体力を支える「カンチャンチップ」なのでございます。

行き方

地下鉄5号線光化門駅1番出口をでて進行方向と逆に歩くと右に横断歩道が見えます(すぐ)、そこを渡った先のビルの地下へおりる階段を下りると入口付近に「貢茶」が。そこからビルにはいり、右に曲がって突き当りのお店です。

www.seoulnavi.com