読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金浦空港で小腹がすいたら-アンスベーカリー(An's Bakery안스 베이커리 )のイタリアンコロッケパンはいかが?

韓国の国際空港でおなじみの(?)仁川市で、有名なパン屋と言えば「An's Bakery안스 베이커리 アアンスベーカリー(あんずでなく、あんす・・らしい)」。仁川マダムに絶大な人気を誇るこのお店。わざわざパン買いに仁川まで行きませんよ、と言うあなたにも。ご安心あれ。金浦空港隣接のロッテモール内(しかもロッテマート出入り口すぐ)に、この名店が出店しております。金浦空港利用の御伴にいかがでございましょう。

f:id:pokos:20160822123309g:plain

7番目の「名匠」のお店

このアンスベーカリー、どのように「名店」なのかと申しますと。韓国では、政府省庁の雇用労働部が各技術分野最高の技能をもつ職人に与える称号に「名匠」というのがあるのだそうです。この制度自体は1980年代からあるのですが、製菓部門の「名匠」は2000年にはいって誕生。そこに選ばれしは、なだたる韓国の有名パン屋を経営している綺羅星のようなパン職人たち。この、アンスベーカリーは、2009年にソウル以外の地域のパン屋でありながら初めてこの名称を獲得した人物として君臨する、アン・チャンヒョン氏のベーカリーなのです。 2000年からスタートしたシステムなので、「名匠」はまだ16人(だと思う)。入口にはアン・チャンヒョン氏の華麗なる経歴一覧も掲示されておりますよ。ちなみに「名匠」第一号はロッテ百貨店の地下食品コーナーにかならずと言っていいほどある「和菓子」店、韓国なのに和菓子?と思われた方も多いと思われる「パク・チャンヒ和菓子」店のシェフ・パティシエ(というのか?)パク・チャンヒさんです。

どっしり一食分の満足

で、アンスベーカリーはどのパンもオイシイ(でも高い)ので、お好きなパンをおえらびください・・と言いたいところですが。とりあえず「おなかにたまって1食分に相当する」(ので、それをよいと思っていただけるかどうか・・な)パンを一つ紹介しておきましょう。それは「イタリアンコロッケ」パン。ピザっぽい具材とマッシュポテトがはいった揚げパンでございます。イタリアンとはいえ、イタリア在住の韓国人がつくった的な(?)ローカル風味。韓国イタリアンにはかならず添えられているあのピクルスもはいっていて、なぜか海苔なんかも見え隠れする。洋風なのに韓国の風をかんじられる「イタリアン」。しかもびっくりするような高カロリー(だと思う)。わたくしはこういう高校生男子が部活帰りに食べるようなパンにひかれてしまうのですが・・。4000ウオンもするのでかなり大きいこのパン。完食してしまうと、もう夕飯ははいらない、ということになるやもしれません。ご注意を。

f:id:pokos:20160822123317g:plain

金浦空港店的には、人気第三位らしい)

もちろん、これしきのこと、なんでもないわ。というつわものはがっつりいってください。がっつり。

f:id:pokos:20160822123325g:plain

とりあえず、ずっしり重みをかんじるほど具がはいっておりますよ。