読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小ネタ?-ミュージカル「フランケンシュタイン」の「偉大なる生命創造の歴史が始まる」はタイトルも歌詞も長いね!

ミュージカル「フランケンシュタイン」日本キャストの制作発表会が2016年8月19日に開催されました(もう先週の話)。会場では「フランケンシュタイン」の代表ナンバーの一つ「偉大なる生命創造の歴史が始まる」が中川晃教さんと柿澤勇人さんによって披露されるという素敵な出来事があったようで。招待状を手にされた人たちが羨ましー。


『フランケンシュタイン』♪偉大なる生命創造の歴史が始まる

韓国版ミュージカル「フランケンシュタイン」 は難曲が多いのですが、この「偉大なる~」も音域広く、言葉多く、曲が長いという役者殺しの一曲。しかも、1幕では博士作の死体よみがえらせ装置である巨大ガシャポン(勝手に命名)の周りをうろうろして階段を上り下りし、装置の上で「よみがえれー!」と歌わなきゃいけないという。見てるだけで息が切れてきそうな、でもここがきかせどころ!な名曲なのでございます。

で、この曲を「難曲」にしている要素の一つが「用いられている単語に関連性が薄い(物語的なつながり方、という意味で)」ということなのではないかと思われるのですが、いかがでしょう。たとえば、日本語歌詞(聞き取ったものなので、間違いがあるかもしれません)で、

 殺人 戦争 テロ 懲りない人間たち

破滅の歴史を ただ おろかにくりかえして

迷信 宗教 デマ

信じて おびえて また

異能(?)は追いやられる

狂った世界をでて さあ

※上記映像の2分23秒くらいからのところです

という部分があるのですが、これ、韓国語の原曲だと語数が増えて、大変さアップ。

 살인 전쟁 목적 없는 파괴 殺人 戦争 目的 なき 破壊

자멸하는 인간들의 선택 自滅する 人間たちの 選択

발전 없이 반복되는 역사 発展の ない 繰り返される 歴史

피해갈 수 없는 멸종위기 避けられ ない 滅亡の危機

빠져드는 미신들의 유혹 抜けられない 迷信の 誘惑

파렴치한 종교인의 위선 破廉恥な 宗教人の 偽善

출구 없는 치정자의 억압 出口の ない 治政者の抑圧

숨막히는 세상을 벗어나 息詰まる 世界を 抜けでろ


뮤지컬 프랑켄슈타인 가이드곡(박성환氏 버전)

※上記映像の2分30秒くらいのところをチェックしてみてください。

 こうやって比較してみると、とにかく韓国版は名詞についている修飾部分が多い!例えば「歴史」は日本語では「破滅の」とだけ形容されていますが、韓国語版は「発展のない」「繰り返される」と二つ説明がついている。一つ忘れたら、もう全部忘れそうな危険性をはらんでおります。

実際、2014年韓国版初演時の制作発表会で、ビクター役のイ・ゴンミョンさんが「偉大なる~」をうたわれた時、ここのパートを忘れてしまった「沈黙」事件もおこっているのであった。・・・にんげんだもの


뮤지컬 프랑켄슈타인_이건명 - 위대한 생명창조의 역사가 시작된다

※2分32秒くらいのあたりをご覧ください。

そう考えると、日本語歌詞は言語的制限から語数を減らさざるを得ないため、「すっきりした」ともいえますね。息切れ度が緩和されるかもしれません。