読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国のデパートでカキ氷を食べよう!-LGアートセンター・芸術の殿堂に行く前に新世界百貨店「小豆の花の木家(팥꽃 나무집)」

韓国グルメ 劇場・その周辺

韓国のデパートでカキ氷シリーズ第二弾。今回はちょっと道すがらとはいきませんが、LGアートセンターや芸術の殿堂に行くついでに地下鉄3号・7号・9号「高速ターミナル」駅で下車することがあればぜひ立ち寄っていいただきたいのがここ。小豆の花の木家(팥꽃 나무집)。

f:id:pokos:20160804115514g:plain

「ミルタップ」と異なり、高速ターミナル駅直結の「新世界デパート」の地下フードコート内にひっそり位置するこのお店。注文と支払いはフードコートの集中レジで行います。パッピンス受け取り台の横には、カウンター席がひっついておりますので、そこで順番が来るのを待ち、即座に口にしてもよし。もちろん広々とフードコートの席で食べてもOKです。ただ、アンコのお替り(レフィル)などをしたい人は、カウンターに陣取るのがよいでしょう。

f:id:pokos:20160804115903g:plain

左上から逆時計周りに「タルギピンス(イチゴ氷)」7000ウオン「ノクチャピンス(抹茶あずき)」8000ウオン「ミルクピンス」7000ウオン。

f:id:pokos:20160804115915g:plain

左上から逆時計回りで「クァイルピンス(フルーツミルク金時)」8000ウオン、「タンホバクピンス(カボチャカキ氷)」8000ウオン、「フギンジャピンス(黒ごまカキ氷)」7500ウオン、「マンゴーピンス」12000ウオン(高いな!)。

f:id:pokos:20160804115937g:plain

左上から逆時計まわり、「タンパッチュク(ぜんざい、甘み有)」7500ウオン、「パッチュク(あずきがゆ)」7500ウオン、「インジョルミピンス(きな粉餅カキ氷)」9000ウオン、コーヒーピンス7500、シッケ(甘酒のような飲み物)2500ウオンと続きます。ふわふわのミルク味の氷にたっぷりとしたアンがかかっているのが基本形。ここにカボチャペーストをのっけた「タンホバクピンス」は日本になさそうな一品なので、ついついセレクトしてしまいます。カボチャペーストはあまり甘くなく、冷たい氷で頭が痛くなるのを防いでくれる。砕いた乾燥ナツメがふりかけられ風味を添えるとともに、上に載ったお餅もつるりとしてもちもちでとてもおいしいですよ。

f:id:pokos:20160804115527g:plain

(山盛りだけど、お椀サイズにもられた氷は1人で十分食べきれる)

フードコートのカキ氷屋とあなどってはいけないなかなかの実力者。もっと大きい店舗はないのかとおもうのですが、いまだ多店舗展開していない模様。ここのほかには釜山のセンタムシティに店舗があるようですが、ソウルではとりあえずここだけらしい(たぶん)。

最近ソウルのお買い物スポットとして注目を集め始めた「ゴートゥーモール」もある「高速ターミナル」駅。近辺を通過する機会があるならば、少しお手間であっても立ち寄ってみる価値あり!のパッピンス屋なのです。ほかの新世界デパートにも作ってくれないかなあ・・。