韓国ミュージカルの開演時間はなぜ20時なのか-おそいと思っているのは私だけ?

韓国創作ミュージカル「ドリアン・グレイ」の上演館が城南アートセンターだと報じられた瞬間。げ、また城南かよ!と思われた方が全国に20万人くらいいるのではと思われます。そう、韓国のミュージカル上演開始時間は平日20時が基本。インターミッションがあってMDショップによって、フォトゾーンで自撮りガールズのすきを見て撮影したりなんかしていると、劇場を出るのが23時すぎに。ソウル市内の劇場ならまだよいのですが、城南のような京畿道、劇場のあるブンダンだったりなんかするとかなり遠い。ソウル中心部まで戻る場合、途中地下鉄の乗り継ぎなんかがあった日には「ひえー、間に合わないかも!ここでタクシーとか探すのヤダよ!」とひやひやすることがすくなくありません。

f:id:pokos:20160409183929g:plain

(ヘイ、タクシー!え、ソウルタクシーじゃないから、市内までいかないだと?という場合がありうる京畿道のタクシー。タクシーを見つけても油断できない)。

 

韓国の観客たちはこの、20時スタートを本当によしとしているのか?ソウル市内の公演をみたあと、彼らだって郊外のおうちに帰ることもあるでしょう。ホントにキミたちは仁川とかイルサンとかまで帰れるのかね?と心配にもなります。

そこで参考になるのがStagetalkのリサーチ(스테이지톡 - 플러스톡)。ここに「観客が考える最適な公演時間は?」という特集がありました(2016年4月4日記事)。ステージトークのホームページ上でおこなったネットリサーチで、660人を対象として、659人から有効回答をえた調査(1人はなぜ有効な答えを記入できなかったのか気になる)。

これをみると、みんな、20(夜8)時始まり超大好き!なんですよ。

 

「もっとも選好される平日公演の開始時間は?(総回答者659人)」

f:id:pokos:20160408133356g:plain

(StargeTalk記事より引用)


圧倒的に、8時。300人がこれを選んでいます。次点が7時30分で155人ですからね。ホント、みんな8時でいいよ!とおもってるんですねえ・・。その理由についても質問があったようで。結果は以下の通り。

 

「平日公演開始時間選択に最も影響する理由は?(総回答者648人)」

f:id:pokos:20160408133624g:plain

(Starge Talk記事より引用)

もっとも多い一番上の選択肢が「その日の仕事のあと移動するのに適当な時間だから」なんですね、そして二番目が「公演観覧後、帰宅するのによい時間だから」となっています(ちなみに上から三番目は「ご飯をたべて観覧できる時間だから」)。一位と二位は微妙に接戦なのですが年代別に差がみられるようで、25歳あたりを境にどちらを優先するかがかわるのです。

25歳以下の観客たち。つまり学生が多く含まれる層では、帰りの時間が気になり(公演観覧後の帰宅、が影響を与えていると回答する割合が高い)、25歳以上の社会人層では、仕事終わりの移動時間への適当さを重視しているという結果になったそうで。韓国の退社時間は日本よりやや遅めですから、ソウル市内のオフィスから移動する時間を考えると、20時が妥当とされるということでしょう。芝居のアタマ見れなくなるよりいいじゃん、イルサンまでかえるならタクシーのろうゼ!ということでしょうか。

 

このように見てみると、韓国のミュージカルファン層って、まさにフルタイムで働いている年代の人たちが中心にいるんだなあと、あらためて実感。旅人たちは大人しく、彼ら彼女らのライフスタイルにあわせ、20時開演をまつことといたしましょう。ごめんよ、働いてくれ。

 

ちなみに、うちの近所の劇場(日本国内です)では、平日18時30始まりとかの芝居がかかっていたりします。それはいくらなんでも・・はやっ!